Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AndroidアプリでInstagram APIを利用する

Web APIで楽々Androidアプリ(12)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/04 14:00

 Android端末の通信機能と、国内外のさまざまなサイトで提供されているWeb APIを活用すれば、楽しいアプリをかんたんに作ることができます。この連載では、多種多様なWeb APIの紹介と、そのAPIを利用したサンプルアプリの制作を通じて、Androidアプリの実践的な開発を解説します。

目次

はじめに

 今回から作成するアプリは、無料の画像(写真)共有SNS「Instagram」で投稿された画像を検索して、一覧表示するものです。Instagramでは、AndroidやiOS上で動作する公式アプリから画像を投稿しますが、その画像は、Instagramのクラウド(Amazon EC2)上に保存されています。公開されているInstagram APIを使うと、投稿された画像(のURL)を取得できます。

対象読者

 Androidアプリケーションの開発を始めたい方で、JavaとEclipseの基本的な知識がある方を対象とします。

Instagram API

 Instagram APIでは、Instagramで保存されている画像の情報やユーザー情報を取得したり、「いいね!」をつけたりすることができます。ただ残念ながら、画像の投稿自体は、専用のアプリ以外では行うことができません。

認証について

 Instagram APIも、Twitter APIと同様に、OAuth認証が取り入れられています。ただしOAuth認証が必要なのは、ログインしたユーザーとして何かを操作するようなAPIのみです。今回のアプリのように、公開されている画像を取得するだけなら、OAuth認証までは必要ありません。ただし、まったく自由に利用できるわけではなく、デベロッパー登録とアプリ登録をして、クライアントIDを取得する必要があります。

デベロッパー登録とアプリ登録

 デベロッパー登録とアプリ登録は、開発用サイトから行います。なお、この登録には、Instagramのアカウントが必要なので、まだユーザー登録していない場合は、あらかじめ、Instagramアプリからサインアップしておきます。

 開発用サイトでInstagramにサインインしてから、画面中央にある「Register Your Application」ボタンをクリックします。

デベロッパー登録画面
デベロッパー登録画面

 必要事項を入力して登録ボタンをクリックした後、登録完了画面になるので、ここで再び「Register Your Application」ボタンをクリックします。

デベロッパー登録完了画面
デベロッパー登録完了画面

 アプリ登録画面になるので、「新しいアプリを登録」ボタンをクリックします。

アプリ登録開始画面
アプリ登録開始画面

 アプリの情報を入力します。今回、OAuth認証は不要なので、「OAuth redirect_uri」には、任意のURLを入力します。

アプリ登録画面
アプリ登録画面

 登録後の画面に表示される「CLIENT ID」が、Instagram APIにアクセスするために必要なIDです。

アプリ登録完了画面
アプリ登録完了画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Web APIで楽々Androidアプリ

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5