Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDCフロンティア、ヤフーの「Yahoo!ビッグデータインサイト」を提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/25 15:14

 IDCフロンティアは、ヤフーのクラウド型ビッグデータ分析基盤ソリューション「Yahoo!ビッグデータインサイト」の提供を、9月25日に開始した。

 「Yahoo!ビッグデータインサイト」は、米Treasure Dataのクラウド型データマネジメントサービス(DMS)を採用し、IDCフロンティアのクラウドコンピューティングとクラウドストレージをインフラ基盤に、Hadoopなどの分散処理システムを組み合わせたデータ分析エンジンを構築している。

 Web経由の操作やAPIによって、ビッグデータの収集や保管、高速な分析と可視化が可能で、初期投資や専用インフラを構築せずに使える。データは国内のデータセンターに蓄積し、オンプレミスやクラウドとの閉域網接続にも対応している。処理速度は従来のデータベースなどと比較して3倍以上で、収集したデータは事前のテーブル定義なし(スキーマレス)で保管できる。

 基本サービスは、「スタータープラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3種類。

スタータープラン
最大レコード数1億5000万件(1か月間1000万件まで)で、発行可能なクエリ数は1か月間で60件まで。初期費用、月額料金ともに無料だが、商用利用はできない。

スタンダードプラン
最大レコード数150億件(1か月間10億件まで)で、発行可能なクエリ数に制限はない。初期費用は無料で、月額料金は35万3000円(税別)。

プレミアムプラン
最大レコード数600億件(1か月間40億件まで)で、発行可能なクエリ数に制限はない。初期費用は無料で、月額料金は85万6000円(税別)。

 このほか、有料でレコード数や分析コア数、TQA(Treasure Query Accelerator)同時クエリ数の追加オプションも用意している(「スタータープラン」は利用不可)。

 なお、「Yahoo!ビッグデータインサイト」の第1号ユーザーとして、電通での導入が決定している。


【関連リンク】
IDCフロンティア
「Yahoo!ビッグデータインサイト」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5