Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本AMDとマイクロソフト、「Windows Server "Longhorn"」の開発支援プログラムを開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/12/21 13:30

12月21日、日本AMDとマイクロソフトは共同で「Windows Server "Longhorn"」の開発支援プログラムを開始すると発表。

 12月21日、日本AMD株式会社マイクロソフト株式会社は共同で、「AMD64/Windows Server "Longhorn"対応ソフトウェア開発支援プログラム」を開始すると発表した。

 Microsoft Windows Server "Longhorn"(開発コード名)は、Windows Server 2003の後継のサーバーOS。ITプロフェッショナルがインフラストラクチャをすみずみまで管理できるようになると同時に、サーバー環境のセキュリティ、信頼性、堅牢性が大幅に強化される。

 同プログラムでは、アプリケーション開発支援を目的に、「デル、日本IBM、日本HP社製のAMD Opteronを搭載したサーバーの無償貸出し」「ハンズオンセミナーの提供」「専用の問い合わせ窓口の開設」「ソフトウェア開発コンサルティングの提供」などが行われる。

プレスリリース:日本AMDとマイクロソフト、ソフトウェアパートナー向け「AMD64 / Windows Server(R) “Longhorn” 対応ソフトウェア開発支援プログラム」を開始
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5