Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウンによるオプション付きボタンを持ったアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/27 16:40
目次

C1SplitButtonコントロールの概要

 C1SplitButtonコントロールは、ボタンコントロールにドロップダウンリストを組み合わせたような複合コントロールです。ボタンの横にあるドロップダウンボタンをクリックすると、メニューのようにリスト項目が展開し、入力項目を選択できるようになります。

ドロップダウンボタンで項目を表示
ドロップダウンボタンで項目を表示

 選択アイテムはネストできるので、入力して欲しいデータをグループやカテゴリで整理してユーザーに提供することができます。

 アイテムの設定は専用のエディタを使用します。アイテムにチェックマークを付けたり、アイコンなどのイメージを持たせたりすることができます。

専用のエディタでビジュアルに設定できる
専用のエディタでビジュアルに設定できる

 ユーザーがアイテムをクリックすると、C1SplitButtonコントロールにはDropDownItemClickedイベントが発生しますので、処理を実行したい場合はこのイベントハンドラを利用します。

アプリケーションの作成(1)

 では、さっそくC1SplitButtonコントロールを持ったアプリケーションを作成してみます。アプリケーションは、ユーザーが自動車のオプションを選択するという例で作成してみました。

選択した項目をTextBoxコントロールで表示する
選択した項目をTextBoxコントロールで表示する

GUIの作成

 フォームには、C1SplitButtonコントロールとTextBox、Buttonコントロールを配置し、C1SplitButtonコントロールで選択した項目をTextBoxコントロールで表示するというものです。

フォームのレイアウト
フォームのレイアウト

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5