Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウンによるオプション付きボタンを持ったアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/27 16:40
目次

オプションが選択された時の処理

 GUIができ上がれば、アイテムが選択された時の処理を作成します。

 ① 4つのC1SplitButtonコントロールそれぞれに、DropDownItemClickedイベントハンドラを作成します。

 ② DropDownItemClickedイベントが発生すると、このイベントハンドラの引数「e」のClickedItemプロパティには、選択されたアイテムのDropDownItemオブジェクトが格納されます。

 このオブジェクトのTextプロパティを参照すると、選択されたアイテムの項目名を取得できますので、どのアイテムが選択されたのかを知ることができます。ここでは、選択されたアイテム名をTextBoxコントロールのTextプロパティに代入します。

Visual Basic
Public Class Form1
    Private Sub C1SplitButton1_DropDownItemClicked(sender As System.Object, e As C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs) Handles C1SplitButton1.DropDownItemClicked
        TextBox1.Text = e.ClickedItem.Text
    End Sub

    
    Private Sub C1SplitButton2_DropDownItemClicked(sender As System.Object, e As C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs) Handles C1SplitButton2.DropDownItemClicked
        TextBox2.Text = e.ClickedItem.Text
    End Sub

    Private Sub C1SplitButton3_DropDownItemClicked(sender As System.Object, e As C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs) Handles C1SplitButton3.DropDownItemClicked
        TextBox3.Text = e.ClickedItem.Text
    End Sub

    Private Sub C1SplitButton4_DropDownItemClicked(sender As System.Object, e As C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs) Handles C1SplitButton4.DropDownItemClicked
        TextBox4.Text = e.ClickedItem.Text
    End Sub
End Class
C#
namespace C1SplitBtn_Winform_cs
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void c1SplitButton1_DropDownItemClicked(object sender, C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs e)
        {
            textBox1.Text = e.ClickedItem.Text;
        }

        private void c1SplitButton2_DropDownItemClicked(object sender, C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs e)
        {
            textBox2.Text = e.ClickedItem.Text;
        }

        private void c1SplitButton3_DropDownItemClicked(object sender, C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs e)
        {
            textBox3.Text = e.ClickedItem.Text;
        }

        private void c1SplitButton4_DropDownItemClicked(object sender, C1.Win.C1Input.DropDownItemClickedEventArgs e)
        {
            textBox4.Text = e.ClickedItem.Text;
        }
    }
}

まとめ

 ComponentOne Studioの特徴の一つは、いろいろな形態の入力コントロールが揃っていることです。このC1SplitButtonコントロールもその中の一つですが、マウスだけで入力できる便利さはアプリケーションを使用するユーザーにとっては使いやすいインターフェースになるのではないでしょうか。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5