Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウンによるオプション付きボタンを持ったアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/27 16:40
目次

アプリケーションの作成(2)

C1SplitButtonコントロールの作成

 まずは、C1SplitButtonコントロールをフォームに作成していきます。

 ① ImageListコントロールを配置し、以下のアイコンファイルを登録します。

  • ColorHS.png
  • DisplayInColorHS.png
  • RadialChartHS.png
  • ViewThumbnailsHS.png
使用するアイコンファイル
使用するアイコンファイル

 ② フォームにC1SplitButtonコントロールを1つ配置します。

フォームにC1SplitButtonコントロールを1つ配置
フォームにC1SplitButtonコントロールを1つ配置

 ③ プロパティウィンドウの「Items」プロパティにある値欄の「...」ボタンをクリックします。DropDownItemコレクションエディターが表示されます。このエディタを使って選択項目を作成していきます。

DropDownItemコレクションエディターが表示
DropDownItemコレクションエディターが表示

 ④ 「追加」ボタンをクリックしてアイテムを追加します。Textプロパティを「ワゴン」に変更し、「CheckOnClick」プロパティを「True」に変更します。

最初のアイテムを作成
最初のアイテムを作成

 ⑤ もう一度「追加」ボタンをクリックしてアイテムを追加し、Textプロパティを「セダン」に変更して「CheckOnClick」プロパティを「True」に変更します。

2つ目のアイテムを作成
2つ目のアイテムを作成

 ⑥ このアイテムには、さらに子アイテムを作成します。プロパティウィンドウにある「Items」プロパティの値欄の「...」ボタンをクリックします。もう一つDropDownItemコレクションエディターが表示されます。

もう一つDropDownItemコレクションエディターが表示
もう一つDropDownItemコレクションエディターが表示

 ⑦ このDropDownItemコレクションエディターの「追加」ボタンをクリックしてアイテムを追加し、Textプロパティを「2ドア クーペ」に変更して「CheckOnClick」プロパティを「True」に変更します。

 ⑧ 同様の操作で、次のアイテムを作成します。

Textプロパティ CheckOnClick
4ドア セダン 2WD True
4ドア セダン 4WD True
2ドア クーペ ターボ True
4ドア セダン ターボ True
全部で5つの子アイテムを作成
全部で5つの子アイテムを作成

 ⑨ 子アイテム用のDropDownItemコレクションエディターを閉じ、次のアイテムと子アイテムを作成します。CheckOnClickプロパティはすべてTrueにします。

1BOX
    1BOX 2WD
    1BOX 2WD ターボ
    1BOX 4WD
    1BOX 4WD ターボ

スポーツ
    2WD DOHC
    2WD ターボ
    4WD DOHC
    4WD ターボ
作成した最初のC1SplitButtonコントロール
作成した最初のC1SplitButtonコントロール

 ⑩ DropDownItemコレクションエディターを閉じ、C1SplitButtonコントロールのTextプロパティを「タイプ」に変更します。

 ⑪ ImageListプロパティにImageListコントロールを設定し、ImageIndexプロパティに「ViewThumbnailsHS.png」ファイルを設定します。そして、ImageAlignプロパティを「MiddleLeft」に変更すれば、C1SplitButtonコントロールにテキストとアイコンイメージを表示することができます。

テキストとアイコンイメージを表示
テキストとアイコンイメージを表示

 ⑫ こうして、1つ目のC1SplitButtonコントロールが作成できました。同様の方法で、さらに3つのC1SplitButtonコントロールを作成します。

オブジェクト Text ImageIndex
C1SplitButton2 車体色 ColorHS.png
C1SplitButton3 ホイール RadialChartHS.png
C1SplitButton4 シート DisplayInColorHS.png
3つのC1SplitButtonコントロールを作成
3つのC1SplitButtonコントロールを作成

 ⑬ そして、「車体色」「ホイール」「シート」にそれぞれ子アイテムを作成します。「シート」はさらにもう一階層アイテムを作成します。また、CheckOnClickプロパティはすべてTrueにします。

車体色
    カーマインレッド
    ミッドナイトブルー
    ディープパープル
    フォレストグリーン
    エレガントブラック
    シャンパンゴールド
    ガンメタリック

ホイール
    標準
    アルミホイール
    マグネシウムホイール

シート
    標準
    本革
        本革 ブラック
        本革 ホワイト
        本革 ワインレッド
        本革 ベージュ
    ファブリック
        ファブリック オフホワイト
        ファブリック ライトグレー
        ファブリック ベージュ
        ファブリック ライトブルー

 ⑭ TextBoxコントロールとButtonコントロールを設定してGUIは完成です。

 アプリケーションを実行してC1SplitButtonコントロールの表示を確認します。表示されたアイテムはどれか1つしか選択できず、CheckOnClickプロパティがTrueに設定されていれば、アイテムの先頭にチェックマークが付きます。

完成した
完成した

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5