Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのWebアプリ開発プラットフォームの最新版「Angular 1.4.0」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/28 15:45

 オープンソースのJavaScriptフレームワークであるAngularJSの開発チームは、最新版となる「Angular 1.4.0」を5月28日(現地時間)にリリースした。

 「Angular 1.4.0」では、400を超えるコミットによって、数多くの機能追加やバグフィックス、ドキュメントの改訂などが行われている。ユーザーからのコミットによる代表的なものが、アニメーション機能の再実装で、合わせてかなりの数の深刻なバグの修正も実施された。今回の再実装では、新たにCSSによってトランジションやキーフレームの操作を可能にする$animateCssサービスを追加している。

 ほかにも、ユーザーからのコミットに基づく機能追加や修正として、$httpの修正およびURLパラメタシリアライズ機能の追加や、国際化(i18n)のサポート、controller asにディレクティブ要素をバインドできるbindToControllerの追加、ngCookiesモジュールのオーバーホールなど、さまざまな機能追加や変更、修正が行われた。

 さらに、パーサーの完全な書き換えによって、メンテナンス性が向上するとともに、25%以上の処理速度向上を実現している。

 なお、今回のリリースのリリースのおもな目的は、Angular 1からAngular 2への移行支援だったため、コンポーネントヘルパーと、コンポーネント指向の階層ルータの導入は見送られた。これらの機能は、バージョン1.5で導入する。


【関連リンク】
AngularJS(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5