Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

マルチプラットフォーム/DevOps対応が大きく強化された統合開発環境「Visual Studio 2015」の概要と主な新機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/03 14:00

 2015年7月20日(現地時間)、Microsoftのソフトウェア開発環境Visual Studioの最新版「Visual Studio 2015」が公開されました。同社の最新OS、Windows 10より約一週間先駆けて登場した統合開発環境(IDE)Visual Studio 2015の概要と新機能を紹介します。

目次
Visual Studio 2015
Visual Studio 2015

Visual Studio 2015の概要

マルチプラットフォームとDevOps

 Visual Studio 2015の大きな特徴は、Windows 10が搭載されたデバイス向けプラットフォーム「Universal Windows Platform(以降UWPと表記)」への対応と、DevOps機能の強化です。

 UWPはWindows 10が搭載された、さまざまな端末で同様に動作するアプリケーションプラットフォームで、PC、タブレット、スマートフォンのみならずIoTデバイス(Raspberry Pi 2など)やXBox One、HoloLensでも動作するアプリケーションを作成することができます。

 DevOpsは開発(Development)だけでなく運用(Operations)も含めてソフトウェア開発を捉える考え方で、Visual Studio 2015はプログラムをコーディングするだけでなく、DevOpsを支援するための機能が搭載されています。

 これらの機能については後の項でさらに詳しく紹介します。

エディションの変更

 Visual Studio 2015ではエディションの構成が変更になり、有償のエディションはProfessionalとEnterpriseの2つとなりました。これまでの最上位だったUltimateとそれに続く上位エディションのPremiumが統合されEnterprizeとなった形です。EnterprizeとProfessionalとの違いは、パフォーマンス測定やDevOpsといった、大規模開発、集団開発向けの機能を含んだエディションがEnterprizeで、それらの機能が搭載されていないのがProfessionalエディションです。

 また、2013ではProfessionalと同等の機能だった無償利用可能なCommunityエディションですが、2015では下図にあるように機能に差別化が図られました。

各エディションの比較
各エディションの比較

 無償利用可能なCommunityエディションは個人利用もしくは学習、研究用途での利用が可能です。企業での利用も可能ですが企業規模に応じて制限があります。この制限については以下のURLをご参照ください。Communityエディションが利用可能でない場合でも制限のないExpressエディションが利用できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5