Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Grunt連携や自作ライブラリ登録でパッケージ管理ツールBowerをもっと活用

HTML/JavaScript開発作業を効率化する便利ツールの活用 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では主にHTML/JavaScript開発作業を効率化する様々なツールやライブラリを紹介します。今回はパッケージ管理ツールBowerのより深い活用法として、他ツールとの連携や自作パッケージの登録・公開について紹介します。

目次

はじめに

 プログラム開発において、特定の機能を提供するライブラリの活用は必須です。各種ライブラリをパッケージとして配布・管理するツールは、開発ツールや開発言語によりさまざまなものが提供されています。

 前回の記事で、HTML/JavaScript開発を主なターゲットにしたパッケージ管理ツールBowerを紹介しました。Bowerを利用すると、JavaScriptやCSSなどのライブラリを、依存性を解決しながら自動的にダウンロードすることができます。

 前回記事ではBowerを単体で利用してライブラリをダウンロードする方法を説明しましたが、他のツールと組み合わせればBowerの機能をより便利に活用できます。連携できるツールや環境はBowerの公式Webページに列挙されています。

図1 Bowerと連携できるツールが公式Webページで確認できる
図1 Bowerと連携できるツールが公式Webページで確認できる

 本記事では、以前の記事でも紹介した、タスク実行ツールGruntをBowerと組み合わせた利用例を紹介します。

 またパッケージ管理ツールはライブラリを利用するだけでなく、提供する側にとっても便利なツールといえます。そこで本記事の後半では自作ライブラリをBowerに登録して公開する手順を説明します。

対象読者

  • ライブラリ管理もタスクの一部として自動化したい方
  • 自身のライブラリを世界に公開したい、腕に自身のあるプログラマの方
  • 必要なときに過去の自作ライブラリが見つからず難儀した経験のある方

必要な環境の準備と基本的な利用法

 Bowerセットアップの詳細については前回記事も参照してください。ここでは概要のみ説明します。

 Bowerをインストールするには、Node.jsGitがインストールされている状態でリスト1のコマンドを実行します。

リスト1 bowerをインストールするコマンド
npm install -g bower

 リスト2のようにbower installコマンドを実行してライブラリ(jQuery)がダウンロードできれば、Bowerは正しくインストールされています。

リスト2 BowerでjQueryをダウンロードするコマンド
bower install jquery

 今回は以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows 7 64bit版
  • Node.js v0.12.2
  • Git v1.9.5
  • Bower v1.4.1
  • Internet Explorer 11

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:HTML/JavaScript開発作業を効率化する便利ツールの活用

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5