CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Node.js v5.0.0がリリース、サポート期間はv6がリリースされる2016年4月まで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/02 14:52

 Node.js開発チームは、サーバサイドJavaScript環境であるNode.jsの最新安定版「Node.js v5.0.0」を、10月29日(現地時間)にリリースした。

 Node.js開発チームによる、LTS(Long-term Support)プランによれば、Node.js v4(コードネーム:Argon)は2018年4月末までの30か月間サポートされる一方、今回リリースされたNode.js v5のサポートは、次期メジャーバージョンとなるv6がリリースされる2016年4月までの8か月間しか提供されない。なお、Node.js v6はLTSの対象となる。

 安定性を求める場合や、複雑な本番環境で利用している場合は、現在使用中のバージョンを引き続き使用するか、Node.js v4.2.xへの移行が推奨される。

 「Node.js v5.0.0」では、V8の最新バージョンを使用しているため、移行にあたっては、すでにインストール済みのアドオンをリコンパイルしないと、エラーが発生する場合がある。

 また、Bufferからのrawおよびrawsの廃止、console.time()による計測値の小数点第3位までの対応、パイプライン時においてhttpリクエストが停止するバグの修正、_linklistモジュールの廃止、require.pathsおよびrequire.registerExtension()の廃止など、数多くの機能追加・変更が行われている。


【関連リンク】
Node.js(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5