Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WPF(Windows Presentation Foundation)+XAML入門 後編

Vista時代のプログラミングモデル .NET Framework 3.0入門(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/02/05 00:00

.NET FrameworkのGUI部分を司るコンポーネントであるWPF(Windows Presentation Foundation)について、実際に触れながら解説していきます。第2回目はいよいよWPFを使ったアプリケーションを作成します。

目次

はじめに

 このシリーズではWPF、WCF、WFについて、Visual Studio 2005 Extensionsを用いたプログラミングを紹介していきます。シリーズ第2回となる本稿では、前回構築した環境を使い、WPFを用いたプログラミングについて説明します。

 WPFの概要、インストール方法などについては、前回の記事を参照してください。

過去の記事

対象読者

 本シリーズでは、C#でプログラミングを行ったことがある方を対象としています。特に本記事は、Windows Forms、ASP.NET開発経験があるならば、より内容を理解しやすいでしょう。

WPFを利用したアプリケーション その1

 では早速WPFを使ってプログラミングをしてみましょう。

スタンドアロンWindowsアプリケーション

 最初はボタンを押すとメッセージを表示する、シンプルなスタンドアロンWindowsアプリケーションを作成します。

WPFプロジェクトの作成

 Visual Studio 2005を起動し、新しいプロジェクトを作成します。Visual Studio 2005 Extensions for WPFが正しくインストールされていれば、プロジェクトの種類として「.NET Framework 3.0」というカテゴリが追加されているはずです。今回は「Windows Application(WPF)」を選択します。

新しいプロジェクトの選択
新しいプロジェクトの選択

 新しいプロジェクトを作成すると、スタートアップウィンドウとして「Window1.xaml」というXAMLファイルが開かれます。Visual Studio 2005 Extensions for WPFでXAMLファイルを開くと、上半分にXAMLのデザインビューが、下半分にXAMLコードが表示され、左側のツールバーには使用可能なXAMLコントロールが列挙されています。

XAMLファイルの表示
XAMLファイルの表示

コントロールの配置

 メッセージを表示させるためのラベルとボタンを配置します。通常のWindows Formsと同様にツールボックスをクリックして選択し、デザインビュー上の希望する位置でドラッグすればコントロールを配置することができます。ラベルやボタンに表示する文字列は右下のプロパティペインのContentプロパティで設定します。Windows Formsとはプロパティ名が異なりますので注意してください。

XAMLコントロールの配置結果
XAMLコントロールの配置結果

 コントロールを配置してプロパティを設定すると、XAMLテキストが書き換わるのが確認できるはずです。

UIに対応するXAMLテキスト
<Window x:Class="WindowsApplication1.Window1"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    Title="WindowsApplication1" Height="300" Width="300">
    <Grid>
    <Label Height="52" Margin="38,28,95,0" Name="label1" 
        VerticalAlignment="Top">Label for Message</Label>
    <Button Height="23" Margin="100,0,117,81" Name="button1" 
        VerticalAlignment="Bottom" >Click !</Button>
  </Grid>
</Window>
プロパティペイン
 ちなみに右下のプロパティペインを見て、「なんだかいつものプロパティペインと違うぞ?」と気づいた方はなかなか鋭いです。
WPFコントロールのプロパティペイン
WPFコントロールのプロパティペイン
Windows Formsコントロールのプロパティペイン
Windows Formsコントロールのプロパティペイン
 並べてみると分かるのですが、XAMLコントロールの方にはイベント一覧に切り替えるための雷マークのアイコンがありません。この影響はまた後ほど解説します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 土井 毅(ドイ ツヨシ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Vista時代のプログラミングモデル .NET Framework 3.0入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5