Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のセッション情報・第1弾を公開、受講受付は7月1日から

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/20 16:20

 コンピュータエンターテインメント協会は、同団体が主催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のセッション情報第1弾を、6月20日に公式サイトで公開した。

 「CEDEC 2016」は、「Now is the Time!」をテーマに、8月24日~26日の3日間、パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)で開催する。

 今回、公開されたセッション情報の第1弾は、一般から公募し、CEDEC運営委員会が採択した、レギュラーセッション39件、ショートセッション10件、インタラクティブセッション5件の計63件。

 近年のVirtual Reality(VR)の発展・普及を受けて、「CEDEC 2016」ではVR関連のセッション、デバイスやソリューションの展示、デモンストレーションを特集しており、今回公開したセッションにもVR関連テーマが含まれている。

 「CEDEC 2016」の受講申込受付は7月1日で、受講パスは「レギュラーパス」「デイリーパス」「エキスポ&スポンサーパス」に加えて、新たに学生専用の「エキスポパス」の4種類を用意する。

 「レギュラーパス」は、会期3日間を通じてすべてのセッションとイベントに参加可能で、7月31日までに申し込めば受講料を5400円割り引く早期割引の提供を行う。受講申込の締め切りは8月17日。


【関連リンク】
コンピュータエンターテインメント協会
「CEDEC 2016」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5