Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JPAddressを用いて、さらに優れた住所入力フォームを作成しよう

顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/28 14:00
目次

InputManと連携した郵便番号検索

 まずはInputManとJPAddressを組み合わせた、郵便番号から住所を検索する機能を紹介します。

 InputManをインストールした時点で、郵便番号を操作するコントロールGcPostalが利用可能になりますが、実際に画面にGcPostalコントロールを追加すると以下のようにポップアップが表示され、住所検索機能が利用できません。

JPAddressがないと住所検索機能が利用できない
JPAddressがないと住所検索機能が利用できない

 これはGcPostalコントロールの動作に、GrapeCity.Win.JPAddress.dllが必要なためです。JPAdressを導入することで、左記dllが追加され、加えてlicenses.licxのライセンス情報が更新されます。

 詳しくは、以下のヘルプページを参照ください。

プロジェクトの作成

 「JpaddressInputmanSample」という名前で、Windowsフォームアプリケーションを作成します。

JpaddressInputmanSampleプロジェクトの作成
JpaddressInputmanSampleプロジェクトの作成

GcPostalコントロールの追加

 先述の「コントロールの追加」項に従いGcPostalコントロールをツールボックスに追加します。

 ツールボックスからGcPostalとLabelコントロールをデザインビューから画面に配置します。

GcPostalとLabelを追加
GcPostalとLabelを追加

入力の値をLabelに反映させる

 GcPostalコントロールに入力された郵便番号の値を住所に反映させて、Labelコントロールに表示できるように修正します。

 デザインビュー上に配置したGcPostalコントロールをクリックして選択状態にし、プロパティウィンドウのAddressOutputの値をlabel1に変更します。

GcPostalの値をLabelに反映する
GcPostalの値をLabelに反映する

プロジェクトをデバッグ実行し動作を確認する

 「F5」キーを押してプロジェクトをデバッグ実行し、GcPostalコントロールに郵便番号を入力すると下画像のように郵便番号に該当する住所が表示されます。

GcPostalコントロールの住所検索をデバッグする
GcPostalコントロールの住所検索をデバッグする

 JPAddressを利用すれば、郵便番号から住所を取得したように、住所から逆に郵便番号を取得するような入力補助機能を実装することもできます。

InputManと連携したシナリオ

 InputManと連携した住所検索は住所情報を扱う全てのフォームで、有用に作用するでしょう。郵便番号による住所入力の補完機能や、逆に住所情報から郵便番号を補う機能はアプリケーションの利用者の負担を軽減してくれるでしょう。

 もちろん、MultiRowで複数のデータを扱う場合も、同等の機能を持つGcPostalCellを利用することができます。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5