CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Java」に関する記事

619件中581~600件を表示
  • 153_t.jpg
    2005/08/30

    Hough変換による画像からの直線や円の検出

    Hough変換は、画像から直線や円を検出する技法としてよく知られていますが、実用化には多くの問題点もあります。本稿では、最初に一般的なHough変換の基本プログラムを紹介し、次に交通標識認識への応用に特化したプログラムについて述べます。

  • 151_t.jpg
    2005/08/26

    Oracle JDBCドライバにオブジェクトの自動クローズ処理を追加する

    java.lang.reflectパッケージのProxyを利用すると、指定したインターフェイスに対して、そのインターフェイスを実装したクラスとインスタンスを動的に作ることができます。本稿では、Proxyによって既存のクラスへ処理を追加する方法、およびそれによって得られる効果について説明します。

  • 149_t.jpg
    2005/08/24

    Javaで作成する多次元配列操作ライブラリ

    本稿では、Javaで多次元配列のデータを扱うためのライブラリを実装する方法について説明します。このライブラリでは、APLというプログラミング言語と同じスタイルで、ごく少量のコードを書くだけでデータを変換したり、さまざまな軸に沿ってデータスライスを抽出したりできます。今回は数値データを扱いますが、さまざまな種類の表データを扱うように修正することもできます。

  • 133_t.jpg
    2005/08/05

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード分析編)

    MDA対応ツールのAndroMDAはUMLから実行可能なJ2EEアプリケーションの自動生成が可能です。本稿では、AndroMDAによって自動生成されたStruts、Spring、Hibernateのコードを解析します。

  • 132_t.jpg
    2005/08/04

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード生成編)

    AndroMDAを使用して、Struts、Spring、Hibernateのソースを自動生成するMDA開発プロセスの実践例を紹介します。モデリングから実行までを本稿では説明します。

  • 110_t.jpg
    2005/08/03

    Strutsアプリケーションに対するFlexフロントエンドの実装

    Strutsの利用は、Webアプリケーションの開発を容易にしますが、エンドユーザーの体験の向上という点では、ほとんど意味をなしません。Macromedia Flexを利用すると、Strutsを使った効率的な開発を実現しながらユーザー体験を向上させることが可能です。

  • 131_t.jpg
    2005/08/03

    OpenOffice.orgとJooReportsを利用してJavaからPDFを出力する

    Webシステムにおいて帳票はPDFで出力することが一般的になっていますが、そのためには高価なツールを購入する必要があります。本稿では、OpenOffice.orgとJooTemplates、JooConverterを利用して、簡単にPDF帳票を作成する方法を解説します。

  • 129_t.jpg
    2005/08/02

    コンボリューションを用いた画像の平滑化、鮮鋭化とエッジ検出

    コンボリューション(畳み込み演算)を画像処理に使うと、画像を滑らかにしたり、シャープにしたりできます。本稿では、Java 2D APIを利用して、画像処理の基本となる平滑化、鮮鋭化、およびエッジ検出を実装する方法を解説します。

  • 2005/08/01

    放置されている未読メールを携帯に自動転送する

    「未読状態のまましばらく経過したメールを携帯に転送したい」という筆者のちょっとした悩みを解決するために書いたのが今回のプログラムです。このJavaMailを利用したプログラムは、IMAP形式のメールやLinux環境でも利用できます。

  • 2005/07/27

    ビルド時にjava.policyをチェックすることで実行時エラーを回避する方法

    java.policyに構文エラーがあるかを確認するには、実行時まで待つしかないと思ってはいないでしょうか。ビルド時にjava.policyをチェックする簡単なツールを用いると、実行時に予想外の失敗が生じることを回避できます。

  • 2005/07/26

    Javaアプリケーションにおけるテンポラリファイルの管理

    Javaアプリケーションでのテンポラリファイルの作成および管理は、JVMのいくつかのバグのために多少複雑になる部分があります。カスタムコードと独創的なデザインを使用して、この問題の解決策を考えてみましょう。

  • 2005/07/25

    リフレクションAPIを使用して適応性の高い動的なコードを記述する

    JavaのリフレクションAPIを使用すると、実行時の条件に順応するコードを記述できます。しかも、この長所は大規模なアプリケーションでなくても活用することができます。本稿では、リフレクションを使用してアプリケーションの堅牢性と柔軟性を高める方法について説明します。

  • 124_t.jpg
    2005/07/25

    スタックトレースを利用してメソッドの情報を取得する

    プログラムが実行中に例外をスローすると、標準出力にスタックトレースが表示されます。この情報は、実行中に仮想マシンが保持しているスタックフレームの内容です。本記事では、スタックフレーム情報から例外の発生したメソッド名やクラス名前などの情報を取得する方法について説明します。

  • 2005/07/19

    コールバック機構を利用して並行処理時に発生するバグを防止する

    すべてのオブジェクトデータへのアクセスにコールバックの機構を使うよう強制すると、Javaサーバーにおける並行処理に関する問題を一箇所にまとめることができるので、並行処理の制約に対する違反をより簡単に特定できるようになります。

  • 111_t.jpg
    2005/07/14

    Eclipse JETを使用した簡単なコード生成の実例

    多くの方がJavaでのテンプレートエンジンとしてJakarta Velocityを利用されていることと思います。本稿では、Velocityに比べてマイナーなJET(Java Emitter Template)を紹介し、コード生成のサンプルとして簡単なExcel-Javaバインディングツールを作成します。

  • 116_t.jpg
    2005/07/12

    隠線処理を用いた三次元グラフの作成

    三次元グラフは、z=f(x,y)で与えられる関数を分かりやすく表示できるので、多くの科学的論文や資料で使用されます。本稿では、自分でも作れるように、三次元グラフの仕組みと実装例を紹介します。

  • 105_t.jpg
    2005/07/07

    JavaのSSLSocketでSSLクライアントとSSLサーバーを実装する

    インターネットを利用した商取引に、SSLを利用したセキュリティの確保はかかせません。本稿では、J2SE1.4から標準で用意されたJSSE(Java Secure Socket Extension)のAPIを利用した簡単なSSLサーバー/クライアントの実装例を紹介します。

  • 98_t.jpg
    2005/06/22

    パターン認識の前処理に必要な二値画像の細線化

    細線化とは、二値画像を幅1ピクセルの線画像に変換する処理のことで、画像処理の中では比較的利用頻度の高いものです。特に、文字認識やパターン認識の前処理として多く使われます。

  • 100_t.jpg
    2005/06/21

    EclipseとEMFを使用した簡易XMLエディタの作成

    EMF(Eclipse Modeling Framework)やTrang等のオープンソースソフトウェアを使用して、XMLファイルから、XMLを編集するEclipseプラグインを自動的に生成する方法と、生成したプラグインをカスタマイズする方法を紹介します。

  • 2005/06/17

    Reflectionを利用して再帰的にオブジェクトの内容を文字列化する

    本稿では、Reflectionを利用して、デバッグ時などに便利なオブジェクトのフィールドを文字列化する方法を紹介します。この方法を利用すると、個々のクラスにtoStringのようなメソッドを実装する手間を省くことができます。

619件中581~600件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5