CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Java」に関する記事

619件中601~619件を表示
  • 94_t.jpg
    2005/06/16

    RPG系プログラムで大勢のキャラクタを縦横無尽に歩かせる方法

    ロールプレイングゲームにおいて、大勢の「町の人」を縦横無尽に歩かせるには、厳密な最短経路の探索よりも、消費メモリの少なさと処理速度が優先されます。そこで、目的地までの中継点を結ぶことを利用した新たな経路探索のアルゴリズムを考案してみました。

  • 84_t.jpg
    2005/06/01

    iTextを利用してJavaからPDF形式の帳票を出力する

    現在のWebシステムにおいて帳票の出力を行う場合、PDF形式が選択されることが一般的になっています。この記事では、「iText」というオープンソースのライブラリを活用して、PDFの出力を行う方法を解説します。

  • 85_t.jpg
    2005/06/01

    uncaughtExceptionメソッドでサブスレッドの例外発生をハンドリングする

    スレッドを用いたアプリケーションでは、処理の並列化という性質を考慮して実装する必要があります。そのスレッドアプリケーションの実装の1つのテクニックとして、本稿ではThreadGroupのuncaughtExceptionメソッドのオーバーライドという方法を紹介します。

  • 86_t.jpg
    2005/06/01

    テンプレートマッチング法を用いた顔画像の検出

    画像処理の応用の一つに、車や人物といった物体の検出があります。画像の中から、上記のような特定のパターンを探し出すには、「テンプレートマッチング法」が良く用いられます。ここでは、テンプレートマッチングの最も簡単な方法を紹介します。

  • illust06.gif
    2005/05/19

    マルチタスク対応Javaアプリケーションの作成

    J2SE 5.0のjava.util.concurrentパッケージは、スレッドの作成、実行、管理に関する下位レベルの詳細を受け持つ新しいスレッドフレームワークを提供します。この重要な機能について詳しく見ていきましょう。

  • illust04.gif
    2005/05/16

    JavaとSAXパーサでXMLベースのプログラミング言語を作る

    プログラミング言語を作ってみたいと思ったことはありませんか? 字句解析と構文解析を省略するために、XMLベースにして、すぐに実行可能なプログラミング言語をJavaで実装してみます。

  • 74_t.jpg
    2005/05/10

    Swingを用いたJava3D用材質エディタ

    Java3Dで使用する材質の設定を簡単な操作で結果を見ながら行うことができるアプリケーションを作成します。アプリケーションで編集した材質を実際のプログラムで使用できるように、Javaのコードの出力も行います。GUIにSwingを、プレビュー部分にJava3Dを使用します。

  • 73_t.jpg
    2005/05/09

    再帰プログラムによるフラクタル図形の描画

    「フラクタル図形」とは、その図形を拡大して行くと、再び最初の図形と同じものが現れる、特殊な図形です。フラクタル画像の描画プログラミングを実装しながら、再帰処理のテクニックを学びます。

  • 2005/05/06

    Jakarta Velocityでテンプレートを変換しメールを送信する

    テンプレート変換エンジンであるJakarta Velocityを使って、メールテンプレートファイルから動的に文面を作成しメールを送信するコード例を説明します。

  • 63_t.jpg
    2005/04/18

    JBoss-IDEによるEclipseからのJBoss開発

    JBossはこれまでも広く使われてきたJ2EEアプリケーションサーバーですが、Eclipse開発フレームワークにプラグインできるGUI統合開発環境(IDE)が加わったことで、今後は主流になっていくのではないかと予想されます。

  • 2005/04/14

    Inversion of Controlパターンでコンポーネント間の結びつきを弱める

    Inversion of Control(IoC)パターンを使用すると、ソフトウェアコンポーネント間の結び付きが弱まり、再利用とテストが容易になります。このパターンをソフトウェア設計に取り入れる方法を見ていきましょう。

  • 2005/04/01

    JavaMailとClassifier4jでインテリジェントな電子メールフィルタを作成する

    スパムフィルタ製品を使っていて、機能上の限界や誤判定に悩まされたことはないだろうか。Classifier4Jは、電子メールや各種のテキストドキュメントを読み取って必要なものだけを正確に選別するカスタムアプリケーションを作成するためのオープンソースJavaライブラリである。

  • 43_t.jpg
    2005/03/28

    自由形式のフォームから投函された内容をメール送信する

    あるアクションのタイミングでメールを送信したいWebアプリケーションで、メール通知機能を簡単に実装するためのしくみを紹介します。

  • 44_t.jpg
    2005/03/28

    外部のRSSフィードを自サイトで公開する

    Webサイト上で利用可能なRSSリーダを紹介します。出力レイアウトはテンプレートで指定できますので、サイトのデザインに応じて簡単に見栄えをカスタマイズできるのが特長です。

  • 41_t.jpg
    2005/03/25

    JakartaPOIでExcel形式の帳票を出力する

    Webシステムのデータ提供形式としてはCSVファイルが一般的ですが、罫線や計算式等を利用できるためExcelファイルでの提供要望も多くあります。そこで、ここではPOIと呼ばれるライブラリを用いてJavaからExcelファイルを出力する例を紹介します。

  • 42_t.jpg
    2005/03/25

    特定フォルダ内に保存されたドキュメントをWebページで公開する

    本稿では、ドキュメントを特定のフォルダにアップロードするだけで、自動的にインデックスページを生成してくれるフォルダシステムを紹介します。

  • 38_t.jpg
    2005/03/22

    3Dモデルを表示するJavaアプレットの作成

    3Dモデルをマウスで回転させられるJavaアプレットの作成方法を紹介します。Java3Dなどの便利なAPIは使用せず、ゼロからアプレットの作成を行います。少しずつステップを重ねて3DCGの基礎を学習することを目的としています。

  • 24_t.jpg
    2005/03/10

    EclipseのEMFモデルを使用したGEFアプリケーションの作成

    EMFモデルを編集するためのアプリケーションとしてGEFのグラフィカル・ビューアーを使用する方法を紹介。

  • 30_t.jpg
    2005/03/10

    モーフィングの赤ちゃん「むにむに君」

    犬の形をしていたキャラクターがネコの形に変形するといった「モーフィング」をJavaで実現する方法を楽しいサンプルを交えながら紹介。

619件中601~619件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5