Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「【デブサミ2018 夏】セッションレポート」連載一覧

16~19件(全19件)
  • 2018/08/23

    共通のスキルセットを持つことがエンジニアとデータサイエンティスト協業の鍵――ヤフーのビッグデータ活用【デブサミ2018 夏】

     近年、ビッグデータの利活用がさまざまな企業で進んでいるが、何より重要なのはデータを分析・解析するだけでなく、実際のプロダクトや事業に活用することだ。一般にビッグデータの利活用というとデータサイエンティストなどアナリストが注目されがちだが、エンジニアもまた重要な鍵を握るのは間違いない。そこで本セッションでは、ヤフー株式会社 プラットフォーム統括本部 メディア開発本部 田地 将也氏が、ヤフーのデータ利活用の事例を紹介しながら、バックエンドエンジニアとして開発に携わってきた立場から、エンジニアのデー...

  • 2018/08/22

    AI時代にエンジニアが生き残るため、身につけるべき3つのスキル【デブサミ2018 夏】

     ビッグデータを活用してビジネスに生かすことは、今や当たり前になりつつあり、データ活用市場が拡大するに伴ってAIエンジニアのニーズも急増している。「2017グローバル人工知能人材白書」では、「AI企業が必要としている専門人材は70万人不足」という報告もある。では、AIエンジニアとはどのようなスキルを持ったエンジニアなのか。また、どうすればAIエンジニアに転身できるのか。人工知能&ビッグデータ領域のトップランナーが創業し、データ活用のコンサルティングを提供しているDATUM STUDIOの安部晃生...

  • 2018/08/21

    スキル開発キット公開でさらに広がる! LINE Clovaで実現できること【デブサミ2018 夏】

     LINEのスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタント「Clova」。そのスキル(機能)開発キット「Clova Extensions Kit(CEK)」が7月12日に公開された。これによりサードパーティや一般の開発者がClovaスキルを開発できるようになり、競合であるAmazon AlexaやGoogle Assistantなどと同様の環境が整った。さらに、LINE Messaging API(LINE Bot)との連携など、LINEならではの強みを活かしたサービスの開発も可能となる。本...

  • 2018/08/09

    課題が山積みだったモンストのデータ分析は、ディメンショナル・モデリングでどう変わったのか?【デブサミ2018 夏】

     世界累計利用者数4500万人を突破した大人気スマートフォンゲーム「モンスターストライク(以下、モンスト)」。本ゲームを提供しているのが株式会社ミクシィ XFLAG スタジオだ。かつて同社はデータ分析において大きな課題を抱えていた。その状態を解決すべく、データウェアハウスの設計手法 ディメンショナル・モデリングを導入したのだという。本セッションではXFLAG スタジオが取り組んだ分析基盤改善の軌跡を、データエンジニアの生島光氏が語った。

16~19件(全19件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5