CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Slackと連携してJIRAやConfluenceをもっと便利に! 通知をSlack上で確認してみよう

JIRAやConfluenceをもっと使いこなそう! エキスパートが教える、外部ツール連携術 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

JIRAとの連携

 次にJIRAとの連携をご紹介します。

 JIRAの場合は、アドオンを利用しなくてもSlackと連携が可能で、JIRAのWebhook機能でSlackにPOSTすることで、JIRAの情報をSlackのチャンネルに流すことができます。ここでは、Confluenceと同様に「Slack Connector for JIRA Server」の照会をします。このアドオンを利用すると、次の大きなメリットがあります。

 まず、設定の専用画面が用意されているため、直観的な操作が簡単に行えます。もう一つのメリットは「メンション」や「課題の割り当て」など、個人向けのメッセージを受け取れることです。JIRAの通知はメールで受けることが多いのですが、メールだと他のメールに埋もれてしまう場合があります。Slackでは、SlackbotチャンネルにJIRAからのメッセージが集約されるので、埋もれてしまうことがなくなります。

JIRAとSlackとの接続

 SlackとJIRAの接続は、Confluenceの場合とほぼ同じです。管理画面の[システム]タブの「メール」に「Slack Integration」の項目が追加されます。この画面で、Confluenceと同様にSlackとの接続を設定します。

 次にプロジェクトごとの設定です。プロジェクト管理画面にも「Slack Integration」の項目が追加されているはずです。この画面でどのイベント(課題作成、編集、コメント追加など)をSlackのどのチャンネルに連携するかを設定できます。また、JQL(JIRA Query Language)を指定して、特定の課題の条件(優先度=最高など)に合致した課題だけをSlackに連携するといった設定もできます。

図7 Slack Integration画面
図7 Slack Integration画面

JIRAの個人設定

 Slack Connector for JIRA Serverは、通常のチャンネルにプロジェクトの状況を流す以外に、もう一つ便利な機能があります。ユーザープロファイルの画面に、図8にある[Sign in with Slack]のボタンが追加されます。Slackにログインした状態でこのボタンを押して設定すると、Slackbotで個人宛ての「メンション」や「課題の割り当て」など、個人向けのメッセージを受け取れるようになります。

図8 [Sign in with Slack]ボタンが追加されたユーザープロファイル画面
図8 [Sign in with Slack]ボタンが追加されたユーザープロファイル画面

 図9は「担当者割り当て」と「メンション」を受け取った場合の例です。プロジェクト全体の状況を確認するチャンネルとは別に、個人宛てのメッセージが独立したチャンネルに送られるため、他のメッセージに埋もれてしまうことを防げます。

図9 Slack上で「担当者割り当て」と「メンション」を受け取った場合の例
図9 Slack上で「担当者割り当て」と「メンション」を受け取った場合の例

最後に

 以上、JIRA/ConfluenceとSlackを連携するアドオンを紹介しました。今回は紹介できませんでしたが、JSoftwareからは「Slack Connector for Bitbucket Server」も提供されているので、興味のある方はお試しください。また、今回のアドオンはリックソフトのブログでも紹介しています。ぜひご覧ください。

リックソフトはアトラシアン製品アジアパシフィック売り上げ第1位(2015~2016年)

 リックソフト株式会社は、日本でトップレベルのAtlassian Platinum Solution Partnerです。アトラシアン製品の専任技術者が30人以上在籍しており、手厚いサポートを提供しています。また、豊富なライセンス購入特典もご用意しております。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:JIRAやConfluenceをもっと使いこなそう! エキスパートが教える、外部ツール連携術

著者プロフィール

  • 樋口 晃(リックソフト株式会社)(ヒグチ アキラ)

     プリセールス担当。  リックソフトがAtlassianビジネスを始める少し前からJIRAやConfluenceなどのAtlasisan製品を使い続けている。営業活動をしてはいるが「私はエンジニアです」と自己紹介している。  好きな車は「MGB」。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5