CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHPフレームワーク「Laravel」におけるビューの使い方を理解しよう

人気のPHPフレームワークLaravelを習得しよう 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/27 11:00

目次

ループの記述方法

 条件分岐の次はループです。

ループも@を付与する

 ループの記述も条件分岐同様、通常のPHPコードの前に@を付与したディレクティブを使います。例えば、forループは以下の記述になります。

<ol>
	@for($i = 1; $i <= 5; $i++)
	<li>{{$i}}個目</li>
	@endfor
</ol>

 @endforの記述を忘れなければ、forの()内の記述は通常のPHPコードと同じです。

 同じようにforeachも使えます。ここでは、ルーティング登録のコールバック関数内で、例えば、以下の連想配列をテンプレートに渡すとします。

$data["resultList"] = ["A"=>"田中", "B"=>"中野", "C"=>"野村"];

 この連想配列をforeachでループさせながら表示する記述は、以下のようになります。

<ul>
	@foreach($resultList as $key => $value)
	<li>{{$key}}は{{$value}}です</li>
	@endforeach
</ul>

 foreachでも()内の記述は通常のPHPコードと同じです。

 さらに、whileループも使えます。例えば、以下のコードです。

@while(true)
<p>無限ループ</p>
@endwhile

 このコードは、無限ループになってしまいますね。

ループ中の変数$loop

 Bladeでループディレクティブを使う場合、ループ内だけ$loopという特殊な変数が使えます。この変数を使うと、現在のループに関するさまざまな値を取り出すことができます。表1にどのような値が取り出せるかまとめておきます。

表1:$loopで取得できる値
記述  取得できる値
$loop->iteration 現在の繰り返し回数(1始まり)。
$loop->index  いわゆるインデックス値。0始まりの値で、繰り返し回数を-1したもの。
$loop->remaining 残りの繰り返し回数。
$loop->count  ループ対象の配列の要素数。
$loop->first 最初の繰り返しかどうか。
$loop->last 最後の繰り返しかどうか。
$loop->depth  ループの入れ子(ネスト)の階層数。
$loop->parent ループが入れ子になっている場合、親ループの$loop変数。

 これらの変数を使って、例えばリスト9のように記述することが可能です。

[リスト9]resources/views/chap3/loopVariables.blade.php
~省略~
<ul>
	@foreach($resultList as $key => $value)
	<li>
		@if($loop->first)
		ループの始まりです。<br>
		@endif
		{{$loop->iteration}}回目: {{$key}}は{{$value}}です。
		@if($loop->last)
		<br>ループの終わりです。
		@endif
	</li>
	@endforeach
</ul>
~省略~

 このテンプレートに対してルーティングコールバック関数で以下の連想配列を渡してあげるとします。

$data["resultList"] = ["A"=>"田中", "B"=>"中野", "C"=>"野村", "D"=>"村井", "E"=>"井田"];

 すると、実行結果としては、図5のようになります。

図5:リスト9が表示された画面
図5:リスト9が表示された画面

まとめ

 今回は、Laravelのビューの扱いとして、テンプレートエンジンBladeの使い方とその連携方法を紹介しました。

 次回は、Laravelでルーティングを登録する別の方法を紹介します。現在は、コールバック関数によるルーティング登録しか行っていませんが、クラスを使ったルーティング登録も可能なうえ、そちらの方がより一般的です。そのあたりを解説していきます。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:人気のPHPフレームワークLaravelを習得しよう

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5