Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

これからはSIとWebの総合スキルが必要? 多様な技術で社会課題に立ち向かう、X-Techの開発事情【デブサミ2019夏】

【C-7】SI × Webの総合力で切り拓く新しいエンジニアのキャリアパス

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/20 12:00

 FinTechやAgriTechなど、既存の業界と最新のテクノロジーを組み合わせ、社会課題を解決したり、新しい価値を提供したりするサービスや製品が続々と登場する時代となった。このようなX-Techの時代に求められるエンジニアになるには、従来までのエンジニア像から一歩進んだありかたやキャリアが重要になると考えられる。それではX-Techの時代に求められるエンジニアはどんなスキルを持つべきなのか。またそのキャリアの歩み方などについて、メドレー 執行役員 開発部部長の田中清氏が解説した。

目次
株式会社メドレー 執行役員 / 開発部部長 / エンジニア 田中清氏
株式会社メドレー 執行役員 / 開発部部長 / エンジニア 田中清氏

SI系とWeb系エンジニアは得意分野が異なる

 田中氏が所属するメドレーは、「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションを掲げ、医療介護分野の人材採用プラットフォーム「JobMedley」やクラウド診療支援システム「CLINICS」、医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」など、テクノロジーを活用した医療分野のプロダクトを展開している。

 医療業界が抱える課題の1つが、年々、医療費が増えていること。「現在の医療費は40兆円を超えており、2025年には50兆円を超えると見込まれている」と田中氏は語る。

 その上、この分野では自動化がなかなか進んでおらず、業務効率を改善する余地が大きい。そのため慢性的な人手不足に悩んでいるという。

 このような課題の解決の一助になるのが、メドレーが提供する「CLINICS」である。同システムはインターネットを通じて診察予約・問診、ビデオ診察、決済、薬や処方箋の配送までを一気通貫で提供する。またCLINICSカルテというクラウド型の電子カルテも提供している。

 今やメドレーのようなX-Techのサービスを手掛ける企業は続々と増えている。こうした流れにより、「エンジニアを取り巻く環境も変化している」と田中氏は説明する。

 田中氏自身、新卒でSIerに入社し、30歳までエンジニアとして基幹システムやパッケージシステムの開発に従事。30歳になったタイミングでもう少し上流の経験をすべく、ITコンサルティング会社に転職。4年間、企画・提案から入り込み開発案件のリードを担当したが、Web系開発が活発化しだしたこと、自分で手を動かすことが減ったことを危惧し、もう一度エンジニアとしてやり直すため、大手Web系の開発会社に転職。そこでアバターサービスやソーシャルゲームなどのサーバーサイドを担当したという。そして40歳を目前にし、X-Techが活発化してきたのを機に、メドレーで医療×ITに携わるに至った。

 実際にX-Tech領域である医療業界に身を投じてわかったのは、「多様なテクノロジーを組み合わせて活用し、どのように課題を解決するかが重要となってきていること。このような背景があり、経験豊富なエンジニアのニーズが高まっている」と田中氏。だからこそ、これからのエンジニアは「Web開発のスピード感とSIの業務設計力を組み合わせたスキルが必要になってきている」と言うのである。

 SI系とWeb系エンジニアはそれぞれ得意とする分野が異なる。「ざっくり言うと、SI系は固く着実に進めることを得意とし、Web系は柔軟にスピード感を持って進めることを得意としている」と田中氏。

 また得意とするスキルにも違いがあるという。SI系では業務設計能力やコミュニケーション能力などが、Web系では実装力やデザインスキルなどが重視される傾向にある。「現状の自分のスキルバランスを把握することが大事」と田中氏はアドバイスする。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2019夏】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5