Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracleのストアド・プロシージャをVB/C#で記述する方法

Oracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)の利用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/10 08:00

通常、OracleのストアドプロシージャはPL/SQLで記述する必要がありますが、Oracle Database 10g Release 2のOracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)を利用すると、PL/SQLを利用したことのない開発者でも、VBやC#といった言語でOracleのストアドプロシージャを作成できます。今回は、ODE.NETを利用して.NETストアドプロシージャを記述してみましょう。

目次

はじめに

 Oracle Database 10g Release 2では、データベースのストアドプロシージャ/ファンクション(以下、ストアドプロシージャ)を.NET準拠言語であるVB.NETやC#で作成できます。これらの.NET準拠言語で作成されたストアドプロシージャを「.NETストアドプロシージャ」と呼びます。そして、これを実現するのがOracle Database Extensions for .NET(以下、ODE.NET)です。

 通常、OracleのストアドプロシージャはPL/SQLという言語で記述する必要がありますが、ODE.NETを利用すると、PL/SQLを利用したことのない開発者でも、VBやC#といった言語でOracleのストアドプロシージャを作成できます。今回は、ODE.NETを利用して.NETストアドプロシージャを記述してみましょう。

対象読者

  • VB、もしくはC#でOracleのストアプロシージャを記述したい人。

必要な環境

 Visual Studio 2005 Standard Edition以上が必要です。また、ODE.NETはOracle Database 10g Release 2(10.2.0)から実装された機能で、Windows上で動作するOracleに限定されます。OracleのEditionはStandard Edition ONE以上から利用可能です。その他、.NETストアドプロシージャの開発、デプロイを行うために、Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET 10.2(以下、ODT 10.2)が必要になります。

ODE.NETのインストール(1/2)

 ODE.NETをインストールしてみましょう。ODE.NETはOracleデータベース側の機能なので、Oracleをインストールする時にODE.NETも一緒にインストールします。注意点として、ODE.NETはデフォルトではインストールされないため、データベースをインストールする際のインストール・タイプで[カスタム]を選択します。

 
既にOracleをインストール済みの場合
 既にOracleをインストール済みの環境では、再度インストーラを起動することで追加インストールが可能です。この場合は、Oracle Home(Oracleがインストールされているディレクトリ)をインストール先として指定してください。
 

 次に、インストールするコンポーネントとして[Oracle Database Extensions for .NET 10.2.0.1.0]にチェックを入れます。

 

 データベースのインストール後、データベース・コンフィギュレーション・アシスタント(DBCA)でデータベースを作成する際に、データベース・テンプレートとして[カスタム・データベース]を選択し、データベース・コンポーネントに[.NETのOracle Database Extensions]を選択する必要があります。

 

 以上で、ODE.NETがインストールされました。ただし上記の作業でインストールされたODE.NETのバージョンは10.2.0.1.0で、.NET Framework 1.xに対応したODE.NETになります。.NET Framework 2.0に対応したODE.NETは、Oracle Technology Network(以下、OTN)からダウンロードします。

 

 上記サイトから、[Oracle Data Provider for .NET 2.0 10.2.0.2.20]をクリックし、[Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET with ODAC 10.2.0.2.20]をクリックします(ここからはOTNへのログインが必要になり、ログインしていない場合は、ログインを行う画面が表示されます)。

 ライセンス契約書が表示されるので、すべての内容を確認して必要なチェックボックスをオンにし[同意する]ボタンをクリックすると、ファイルのダウンロードページが表示されます。[ODTwithODAC10202.exe]をクリックすると、ファイルのダウンロードが開始します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 日本オラクル 大田(オオタ ヒロシ)

    日本オラクル株式会社 Oracle Directテクニカルサービス部所属。開発者の視点から、Oracle Databaseの機能を最大限に活かすための手法を日々研究しながら、プリセールス活動やオンラインセミナー等による情報発信を行う。現在はWindows Server上でのOracle製品活用を推進...

バックナンバー

連載:Oracle Tips

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5