Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracleのストアド・プロシージャをVB/C#で記述する方法

Oracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)の利用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/10 08:00

通常、OracleのストアドプロシージャはPL/SQLで記述する必要がありますが、Oracle Database 10g Release 2のOracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)を利用すると、PL/SQLを利用したことのない開発者でも、VBやC#といった言語でOracleのストアドプロシージャを作成できます。今回は、ODE.NETを利用して.NETストアドプロシージャを記述してみましょう。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 日本オラクル 大田(オオタ ヒロシ)

    日本オラクル株式会社 Oracle Directテクニカルサービス部所属。開発者の視点から、Oracle Databaseの機能を最大限に活かすための手法を日々研究しながら、プリセールス活動やオンラインセミナー等による情報発信を行う。現在はWindows Server上でのOracle製品活用を推進...

バックナンバー

連載:Oracle Tips

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5