Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Visual Studio 2019 v16.5」リリース、XAMLホットリロード機能などを追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/18 13:40

 米Microsoftは、統合開発環境「Visual Studio 2019 v16.5」を3月16日(現地時間)にリリースした。

 「Visual Studio 2019 v16.5」には、新機能としてXamarin.FormsのXAMLホットリロード機能が追加されており、モバイルアプリ開発の際にUIを微調整するたびにアプリを再ビルドする必要がないため、開発が高速かつ容易になる。

 また、.NETの生産性を向上する機能として、if文をswitch文またはswitch式に変換する機能や、インテリセンスにおけるインポートされていない拡張メソッドの補完サポート、文字列補間のリファクタリングの簡素化などが盛り込まれている。

 さらに、.NET Object 割り当てツールで、データをより簡単に視覚化し、メモリ使用量の分析にかかる時間を削減できるようになったほか、C++クロスプラットフォームおよびCMake開発における改善として、コマンドライン経由で保存されたリモート接続とのやり取りが可能になった。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5