Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Web APIsを使用したEclipseのプラグインの作成

Webサービスを利用したEclipseプラグインの作成 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/06/20 14:00

Eclipseには便利なプラグインが豊富にありますが、プラグイン開発の情報はまだまだ少ないのが現状だと思います。そこで本稿では、「Web Services経由でGoogle検索を行うEclipseプラグイン」を作成することを通じて、Eclipseプラグイン開発の基本的な流れを紹介したいと思います。

目次

はじめに

 Eclipseにはいろいろ便利なプラグインがあり、Javaの開発環境として非常に普及していますが、そのプラグイン自体の開発方法はまだ書籍も少なく、ネットにも情報が少ないのが現状だと思います。そこで本稿では、「Web Services経由でGoogle検索を行うEclipseプラグイン」の作成を通じて、Eclipseプラグイン開発の基本的な流れを紹介したいと思います。

 さて、前回から相当時間がたってしまいました。それに伴って開発環境もいろいろバージョンがあがってしまいましたので、再度開発・稼動確認環境を整理しておきます。

過去の記事

対象読者

  • Eclipseプラグインの開発に興味がある方

必要な環境

 今回は以下の環境で開発・確認を行っています。

OS Windows Vista Home Premium
Javaのランタイム環境 JRE1.5.0_09
プラグインの開発環境 Eclipse3.2.2
デバッグログの制御 Log4j
Web Servicesのランタイムライブラリ Apache Axis

 また、今回作成するプラグインはGoogle Web APIsを使用します。『Google SOAP Search API (beta)』にアクセスし、Google Web APIs Developer's Kitのダウンロードと、検索時に必要になるキーコードを取得しておいてください。このGoogle Web APIs Developer's KitにはGoogle Web APIsのライブラリとwsdlファイルが格納されています。

Google SOAP Search APIについて
 現在、Google SOAP Search APIのバージョンアップは休止し、代わりにGoogle AJAX Search APIが同様の機能を提供することが宣言されていますが、Google SOAP Search APIが廃止されたわけではなく、キーを取得していれば問題なく使うことができます。
Google SOAP Search API

ユーザーインターフェイス部分を作成する

 さて前回はGooge Web APIsを使用してGoogle検索を行うcoreのプラグインを作成しました。引き続きユーザーインターフェイス部分を作成していきたいと思います。今回作成するプラグインは「nu.mine.kino.plugin.google.ui」です。

プラグインプロジェクトを作成する

 Eclipseのウィザードで[プラグイン開発]-[プラグイン・プロジェクト]を選択します。

  • プラグイン・プロジェクトのページ
    • [プロジェクト名]は「nu.mine.kino.plugin.google.ui」。
    • [ターゲット・プラットフォーム]のEclipseのバージョンは「3.2」。
     
    プラグイン・プロジェクトのページ
    プラグイン・プロジェクトのページ
     
  • プラグイン・コンテンツのページ
    • [プラグインのプロパティ]はそのまま。
    • [プラグイン・オプション]は、[アクティベーターを生成]はチェック、[このプラグインをUIに追加]もチェックします。
    • [アクティベーター]は「nu.mine.kino.plugin.google.ui.GooglePlugin」。
    • リッチ・クライアント・アプリケーションの作成は[いいえ]を選択します。
     
    プラグイン・コンテンツのページ
    プラグイン・コンテンツのページ

 [終了]をクリックします。以上でプラグインのプロジェクトが作成できました。

plugin.xml、MANIFEST.MFを記述する

 作成したプラグイン・プロジェクトに設定を追加していきます。作成したプロジェクトの「META-INF/MANIFEST.MF」をマニフェストエディタで開きます。依存関係タブを開いて、以下のプラグインを必須プラグインに追加しておきます。

  • org.eclipse.ui
  • org.eclipse.core.runtime
  • org.eclipse.jface.text
  • org.eclipse.ui.workbench.texteditor
  • nu.mine.kino.plugin.log4j
  • nu.mine.kino.plugin.google.core
依存関係タブの設定
依存関係タブの設定

 そのほか、プラグイン名やバージョンなど多少変更していますが、結局「MANIFEST.MF」は次のようになりました。

nu.mine.kino.plugin.google.uiプラグインの「MANIFEST.MF」
Manifest-Version: 1.0
Bundle-ManifestVersion: 2
Bundle-Name: %pluginName
Bundle-SymbolicName: nu.mine.kino.plugin.google.ui
Bundle-Version: 0.1.0
Bundle-Activator: nu.mine.kino.plugin.google.ui.GooglePlugin
Bundle-Localization: plugin
Require-Bundle: org.eclipse.ui,
 org.eclipse.core.runtime,
 org.eclipse.jface.text,
 org.eclipse.ui.workbench.texteditor,
 nu.mine.kino.plugin.log4j,
 nu.mine.kino.plugin.google.core
Eclipse-LazyStart: true
Bundle-Vendor: %providerName

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 木野 雅富(キノ マサトミ)

    2000年にシンクタンク系のSIerに入社後、サーバサイドJava開発やWEBサービスを利用したリッチクライアント開発など、さまざまな開発プロジェクトに携わる。2008年より株式会社プライムブレインズにて、システムコンサルタントとして従事。現在は会社作りも楽しんでいます! 専門はJ2EEと最近...

バックナンバー

連載:Webサービスを利用したEclipseプラグインの作成
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5