CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Oracle Autonomous Data Warehouse」にさまざまな新機能が追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/19 08:00

 米Oracleは、「Oracle Autonomous Data Warehouse」に新機能を追加したことを、3月17日(現地時間)に発表した。

 「Oracle Autonomous Data Warehouse」の最新リリースには、アナリスト、シチズン・データ・サイエンティスト、事業部門の開発者が、より簡単に自律型データウェアハウスクラウドを活用できるようにする広範な機能に加えて、より深い解析や密接なデータレイク統合を実現する機能など、多くの新機能が追加されている。

 おもな新機能としては、データをロードしてチームでのコラボレーションを可能にするシンプルなセルフサービス環境をビジネス・アナリストに提供するビルトインのデータツール、機械学習モデルの作成における時間のかかる手順を自動化する「Oracle Machine Learning AutoML UI」、Pythonを利用して機械学習をデータウェアハウスのデータに適用できるようにする「Oracle Machine Learning for Python」、データベース内のネイティブモデルやONNXフォーマットの分類や回帰モデルを「Oracle Autonomous Data Warehouse」の外で展開、管理可能にし、コグニティブテキスト解析も呼び出せる「Oracle Machine Learning Services」などが利用できるようになった。

 ほかにも、PGQL(property graph query language)を使用してグラフクエリを実行し、60以上のインメモリグラフ解析アルゴリズムによってグラフを解析可能なProperty Graphのサポートや、初心者でもグラフ解析を容易に行えるようにする「Graph Studio UI」が追加され、「Oracle Big Data Service(Hadoop)」のデータを簡単にクエリできる機能、「OCI Data Catalog」との統合によるオブジェクトストレージでのデータディスカバリーの簡素化と自動化、オブジェクトストレージの大規模データセットに対するクエリを高速化するスケールアウト処理によって、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Object Storage」および一般的なクラウド・オブジェクト・ストアのデータに対するクエリ機能を拡張している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5