Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

野村総研、3D仮想世界の進展を予測 「2010年には仮想世界が当たり前」に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/29 11:02

野村総研は、三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」を発表した。

 野村総研は25日、三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」を発表した。ロードマップではSecond Lifeをはじめとする三次元仮想世界の発展と、普及予測がなされている。

三次元仮想世界のロードマップ
三次元仮想世界のロードマップ

 ロードマップによると、2008年の終わり頃からWebとのシームレス化やオープンソース化が進み、また家庭用一般PCの性能も向上していくと予想。そのため、2009年頃より三次元仮想世界の利用が普及し、仮想世界ビジネスの本格化が始まるという。また、普及に伴って仮想世界における法整備の検討が必要になるとしている。

 2010年頃からは誰もが仮想世界を作ることが可能になり、「マルチバース時代」が到来する。この頃になると仮想環境同士の相互運用や、利用者のニーズに応じた仮想環境が複数構築されるようになると予測している。

 なお、「マルチバース」とは「メタバース」が複数存在するという意味。「メタバース」は、三次元仮想世界が現実には存在しない世界であるということから、現実世界を意味する「ユニバース」に、「抽象的な」という意味の「メタ」を加えて作られた言葉。

野村総研:2012年までの三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」を発表
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5