CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「HashiCorp Consul 1.10」が一般提供に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/28 08:00

 米HashiCorpは、分散されたアプリケーションのサービスディスカバリ、構成管理、​ネットワークセグメンテーションにおける課題を解決し、ダイナミックなシステム運用を実現するHashiCorp Consulの最新版「HashiCorp Consul 1.10」の一般提供を、6月23日(現地時間)に開始した。

 「HashiCorp Consul 1.10」では、透過プロキシが利用可能となり、仮想マシンまたはKubernetesで実行されているアプリケーションからのトラフィックを、変更を加えることなくプロキシにインターセプトおよびリダイレクトさせたりできるようになっている。

 また、Envoy 1.15においてxDSバージョン2が非推奨になり、Envoy 1.17で無効にされたことから、Consul CLIによってブートストラップされたすべてのEnvoyプロキシバージョンに対して、デフォルトでxDSバージョン3と、インクリメンタルxDSを使用する。なお、以前のConsul CLIバイナリでブートストラップされたEnvoyプロキシは、引き続きxDSバージョン2の最新のAPIを用いる。

 さらに、サービスヘルスHTTPエンドポイントでストリーミングが利用可能になり、デフォルトで有効になったほか、Consul UIにサイドバーレイアウトが追加され、KubernetesにおけるConsul Helmチャート経由でのPrometheusのデプロイ、単一のエンドポイントを経由したKubernetesアノテーションによるPodとEnvoyメトリクスのPrometheusへの公開にも対応している。

 そのほか、レガシーのアクセス制御システムが正式に廃止され、将来的に削除されることになった。従来のアクセス制御システムは、当面利用できるものの、今後の削除を踏まえて、新たなアクセス制御システムへの移行が推奨される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5