CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

プロの開発者からも注目を集める「Claris FileMaker Pro」とは?――ノーコードからプロコードまで対応するローコード開発ツール大研究

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/30 12:00

 データ活用がビジネスの成否を左右する今、アプリケーション開発を内製化する動きが加速している。そこで注目を集めているのが、ローコード開発ツールである。Apple100%子会社のClaris International Inc.(以下、Claris)が開発する「Claris FileMaker」シリーズは、1985年にバージョン1をリリースして以来、36年もの歴史を有するローコード開発プラットフォームである。FileMakerシリーズの核となるソフトウェア「FileMaker Pro」とはどんな特長を持った製品なのか。最新版ではどのような機能を提供し、どのように活用できるのかを明らかにしていく。

目次

ノーコードからプロコードまで対応できる、ローコード開発プラットフォーム「FileMaker Pro」の特長

 社会環境が目まぐるしく変化する昨今、組織を変革し成長させるため、内部の潜在力を引き出しイノベーションを生み出す観点から、ITシステムの内製化が進んでいる。そこで注目を集めているのがローコード開発プラットフォームだ。Apple Inc.の子会社であるClarisが提供する「FileMaker Pro」もその1つだ。

FileMaker Pro
FileMaker Pro

 FileMaker Proは、ノーコードからローコード、プロコードまでの機能を備えた開発ツールである。FileMakerの歴史は前回でも紹介したとおりだが、最初のバージョン「FileMaker v1.0」がリリースされたのは1985年4月。その後5年間の変遷を経て90年10月、「FileMaker Pro 1.0v1」と改称してリリース。2020年5月に最新バージョン「FileMaker 19」がリリースされ、現在2021年6月にFileMaker 19.3がリリースされている。

 FileMaker Proの特長は、プログラミングの経験がなくてもノーコード・ローコードでカスタムAppを作成できるだけでなく、プロの開発者にも支持されていること。その理由は、非エンジニアから、プロの開発者まで幅広いスキルの人が利用できる対応範囲の広さである。カスタムAppのレイアウトはドラッグ&ドロップ操作で作成可能。作成したカスタムAppはMacやWindows上ならFileMaker Proで実行できるほか、スマートフォンやタブレット、Webからアクセスできるようサーバにアップロードして共有したり、用途に合わせたレポートや帳票をすぐに作成、印刷したりこともできるようになっている。

ドラッグ&ドロップでレイアウトを作成することが可能
ドラッグ&ドロップでレイアウトを作成することが可能

 また、FileMaker以外のRPAやIoT関連のソリューションをはじめとした外部のシステム、サービスと組み合わせて使うことも増えている。例えば、クラウドに蓄積された温湿度センサのデータをFileMakerに取り込んで管理するような使い方だ。さらにユニークな使い方としては、FileMakerをビッグデータ解析のミドルウェアとして使用するユーザーもいる。

 都内の病院では、院内PHSの電波位置情報を収集して解析し医療安全に役立てるという仕組みを、FileMaker Proクライアントを仮想環境に複数台並べることで実現。1つひとつのFileMaker Proはデータを集約、集計してサーバに送るという、いわばロボット的な役割を担わせる使い方である。一般的にビッグデータを利用するには、大規模な投資が必要になるというイメージを抱いている人が多い。だが、FileMaker Proにはインストール台数に制限を設けない同時接続ライセンスが用意されているため、大規模な初期投資をすることなく仮想クライアントで、ビッグデータのシステムを作ることも可能だ。

セキュリティ面でも安心

 FileMakerの強みは、これだけではない。セキュリティ面での安全性の高さも強みである。FileMakerはデータベースファイル自体を暗号化できるのはもちろん、FileMaker内に保存されたデータの暗号化のほか、FileMaker Serverを利用することでクライアントとサーバ間の通信の暗号化もできるようになっている。これらの暗号化のレベルは米国政府基準を採用。また、中央省庁や地方自治体・医療施設でも利用の多いFileMakerは、厚生労働省・総務省・経済産業省による医療機関向けクラウドサービス利用検討ガイドライン(三省ガイドライン)に準拠できる設定となっている。

 開発面での強みとしては、処理のためのスクリプトをコーディングすることなく、あらかじめ部品化された機能を選んで組み合わせていくだけで実装できること。スクリプトは、やりたいことを日本語でタイプすると、候補のスクリプトが一覧として表示される。日本語でコードが書けるというのもFileMaker Proの強みと言える。そのため開発の高速化が図られるだけではなく、スペルミスやタイプミスがなくなるため、バグも出にくくなる。また、FileMaker Proでスクリプトを作成してボタンに割り当てるという使い方をした場合でも、スクリプトデバッガを使うことで、1行単位で実行を確認でき、効率的に素早くバグの少ないアプリケーションが作れるようになっている。

あらかじめ用意されている処理を組み合わせるだけのスクリプト作成
あらかじめ用意されている処理を組み合わせるだけのスクリプト作成

 さらに、クラウド型の同様のサービスと比較して、FileMaker Proは検索のレスポンスの速さにも強みがある。例えば顧客ファイルの中から、「岐阜県、40代、男性」という条件で検索を実行したとする。FileMaker Serverから結果がFileMaker Proに送られ、ユーザーはその結果を次々と見ていくことになるが、その裏側では次にユーザーが見るであろうデータを25件ずつメモリにキャッシュする仕組みになっている。そのキャッシュしたデータは再利用されるため、次に検索をかけた際にレコードに更新がなければローカルのデータが利用される。このような仕組みを採用しているため、他のクラウドサービスと比較して、検索が早くなる。

 だが、このテクノロジーが生かされるのは、高速なインターネット回線が使えるケース。新興国など、高速なインターネット回線の普及が遅れている地域では、この技術を使ってしまうと必要以上にパケットが流れてしまい、ネットワークが逼迫してしまう。その場合はFileMaker Proではなく、WebブラウザからアクセスできるFileMaker WebDirectを使うことで解消できる。このようにFileMakerプラットフォームを採用すれば、情報システム部門や開発者がインフラ事情に合わせて、カスタムAppを開発し展開できる。


関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

バックナンバー

連載:データ活用にまつわる課題を解決、進化し続ける「FileMaker」の魅力を大解剖!
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5