SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

女性の学びを支援する団体や技術コミュニティの世界

女性のエンジニアが気軽に技術を学べる「Java女子部」に参加しませんか? 初心者OKのやさしい世界がそこにある


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元々は技術コミュニティに女性の参加者が少ないことから2014年にスタートした「Java女子部(Javajo)」。「女性向けのイベントをやってみよう」と門戸を開き、初心者OKというスタンスでコンスタントに活動を続けている。今回は未経験でIT業界に入り、現在Java女子部の運営を手掛ける横田紋奈さんと石田真彩さんの2名に、Java女子部に携わることになった経緯や活動内容、今後の活動への想いを伺った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節イベントやもくもく会も挟みコンスタントに活動を続けるJava女子部

――Java女子部の誕生の経緯について教えていただけますか。

横田紋奈(以下、横田):私は発起人ではないのですが、JJUG(日本Javaユーザグループ)のメンバーが「女子会しようよ」と提案したのが始まりだと聞いています。女子会から現在の女性限定の女子部に発展し、その立ち上げを手伝うところから運営に携わっています。発足は2014年1月です。石田さんはこの女子部からJavaコミュニティに入りました。

Java女子部 横田紋奈さん
Java女子部 横田紋奈さん

――お二人の現在のお仕事やエンジニアを目指したきっかけは何ですか?

石田真彩(以下、石田):私はクラウドソリューションのプリセールスをしています。大学では哲学を専攻していました。就活をしていた頃、ネットショッピングに興味があり「好きなものを作れたら面白そうだな」といった軽い気持ちでIT業界に就職しました。

Java女子部 石田真彩さん
Java女子部 石田真彩さん

横田:現在の企業ではデベロッパーアドボケイドとして、DevOpsを広める活動をしています。主にイベント登壇や執筆などですね。就活で大手SIerが「未経験でも大丈夫」と募集していて、事例を見ると面白そうだったので未経験から始めました。

――お二人がJava女子部に関わるようになった経緯を教えていただけますか。

石田:Java女子部のJava 8入門イベントに参加したのがコミュニティ参加のきっかけでした。これまで業務の中で学んできましたが「コミュニティってこんなに教えてくれるんだ」と感激して、懇親会にも参加しました。そこで横田さんと意気投合して現在に至っています。学生時代は吹奏楽をしていたため舞台に出ることやお祭りが好きでイベントも楽しんでいます。「つまらなかったら、やめればいい」とはじめは思いましたが、気づけば5〜6年が過ぎました。

横田:私はJJUGの小さなイベントに参加したのが最初でした。仕事でJavaを使っていたので職場の先輩にコミュニティを教えてもらいました。当時はまだ新卒1年目で「周りに負けないぞ」と意欲にあふれていましたね。徐々に関与を深めて、今では運営にも携わっています。

石田:そう言えば私も横田さんと同様、当時の会社の先輩に教えてもらったのがきっかけです。まだコミュニティに女性が少なかったので、女子部なら参加しやすいかと思いました。

――Java女子部では具体的にどのような活動をしていますか。

横田:隔月でミートアップをしています。テーマはJavaのほかにも、Javaエンジニアに必要なIDE、フレームワーク、ビルドツールにも広げています。あと、もくもく会(自習の時間と空間を共有することで自習効果をより深めるという会の総称)を開催して、みんなで集まり各自で黙々と作業しています。ハロウィーンの時には仮装をしたり、泊まりがけの合宿もありました。大事にしているのはコンスタントに続けることです。

――「コンスタントに続ける」ことを大事にしているとのことですが、それぞれ仕事しながらだと思うので企画や活動で困難もあるのではないでしょうか?

石田:やはりそこがネックです。仕事が忙しくなると会話が止まる、活動が停滞することもあります。それで1カ月スキップすることも……。

横田:そういう時は比較的準備の楽なもくもく会を慌てて差し込んだりしますね。

石田:あとは企画に困ったら息抜きとして、季節を楽しみます。夏なら浴衣を着てビールを飲む、ハロウィーンなら仮装をしてLT(Lightning Talkの略称で、ショートセッション形式の発表のこと)、年末には忘年会などを開催しています。

――Java女子部の主な参加対象を教えてください。

横田:初心者が多いです。「エンジニアになりました」「これからエンジニアになります」「まだよく分からないです」といった参加者が多いですね。

石田:そんな中でも中上級者でも何かためになること、持ち帰れるものがあるようにと心がけています。

横田:今は月次で「Java女子部ぽんしゅきー」をしています。ワイン販売のオンラインサイト「VIVINO」の日本酒版を目指し、ゼロからWebシステムの設計や構築を目指しています。本当にゼロからのスタートで、まずはどんなサイトにするか、技術選定などもみんなで相談して決めています。現在は設計がほぼ終わり、開発の方針を決めている段階です。オンラインなので画面共有しながら教え合うこともあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
元々は女性の参加者が少ないゆえにスタート、初心者でもOKという気軽さが魅力

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の学びを支援する団体や技術コミュニティの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Onlineの取材・記事や、EnterpriseZine/Security Onlineキュレーターも担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

鍋島 英莉(編集部)(ナベシマ エリ)

2019年に翔泳社へ入社し、CodeZine編集部に配属。同志社大学文学部文化史学科卒。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/14556 2021/08/23 12:10

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング