CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

フィーチャーフラグ(Feature Flag)を実現する主要サービスの5つの紹介と比較

高速な開発サイクルを実現するフィーチャーフラグ入門 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

Firebase Remote Config

  • 導入企業数:非公開
  • 使用目的:一般的な機能を備えたフィーチャーフラグであり、無料で利用できるため全体コストを最低限に抑えながら導入ができるため、小規模や限られた予算の企業やプロジェクトに適しています。
  • 公式サイト:Firebase Remote Config

サービス概要

 FirebaseのRemoteConfigはクラウドベースのフィーチャーフラグ管理システムであり、複雑なインフラストラクチャを設定したり、新しいバージョンを開発したりする必要がなく、コンソール内で設定を更新するだけで簡単に機能を変更することができます。

 また、動的にフィーチャーフラグのオン・オフの設定ができ、Google アナリティクスなどの他Googleサービスとの連携も行えます。

 これにより、アプリのユーザーについての理解が深まり、ニーズに合わせて柔軟にユーザーベースのセグメントに応じてカスタマイズできます。

 マイナスポイントとしては、サーバー側SDKに対応していない部分と、他社製品に比べて限られた機能とシンプル過ぎるダッシュボードが直感的なユーザーエクスペリエンスを実現できていないように感じることがあります。

特徴

SDK対応

 iOS、Android、Web、C++、Unityに対応しています。

手軽に変更

 サーバー側パラメーター値を変更するだけで、アプリのデフォルト動作などを変更できる機能が含まれています。 例えば、一時的なプロモーションに向けたデザインと機能の変更をアプリの更新なしで適応できます。

モニタリング機能

 アプリ内でのデフォルト値を作成して、アプリケーション全体の見た目と動作の監視と制御ができます。

カスタマイズ

 アプリのバージョン、言語などのさまざまな側面に応じた、ユーザーベースのカスタマイズにも対応しています。

価格設定

 無料での利用が可能であり、アクティブユーザー数の制限もありません。

VWO

  • 導入企業数:約2500社(内国内企業約400社導⼊)
  • 使用目的:主な目的が A/Bテストであり、基本的な機能を備えたフィーチャーフラグを利用したい場合に向いています。
  • 公式サイト: VWO

サービス概要

 VWOはA/Bテストプラットフォームですが、「VWO Fullstackプラン」でフィーチャーフラグ機能の導入オプションを提供しています。

 このプランには開発プロセスでのさまざまなテストや機能のバリエーションに対応しており、A/Bテスト、スプリットテストや多変量テストなどの機能を数分で実装できます。

 Optimizelyに似ていますが、大きな違いは、単一のプラットフォームで、目標の追跡、ユーザー行動の分析、データ駆動型の仮説、A/Bテストの実行、コンテンツのパーソナライズが実現できる点です。

 フィーチャーフラグ管理はサーバーサイド側でのみ利用可能です。

 マイナスポイントとしては、フィーチャーロールアウト機能はサーバーSDKでしか対応していません。

特徴

カスタム機能

 カスタムターゲットコンテンツ、アクセス分析、およびA/Bテスト機能が装備されています。また、カスタムアトリビュート、名前、価格など、フィーチャーフラグの開発に適用されるパーソナライズ機能が組み込まれています。

SDK対応

 Node.js、JavaScript、Java、.NET、PHP、Python、Ruby、Ruby on Rails、iOS、Android、Goに対応しています。

インサイト情報

 A/Bテストでフィーチャーフラグのパフォーマンスを判断でき、タイトル、機能、メッセージ、画像の種類などのインサイトを提供できます。

価格設定

 エンタープライズプランのみの対応のため、要問い合わせ。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:高速な開発サイクルを実現するフィーチャーフラグ入門

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5