CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webアプリを高速化してユーザー体験を快適にするWebAssemblyの入門書が発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/15 07:00

 Webアプリの高速化はエンジニアの悲願。CodeZineを運営する翔泳社では、高速化の技術の1つであるWebAssemblyを基礎から解説した『入門WebAssembly』を12月15日(水)に発売しました。

 ブラウザで多くのコンテンツが提供されるようになり、Webアプリの処理を高速化する手法が重要になっています。特にJavaScriptでは快適なユーザー体験を届けられない場合には、何か別の手法が必要です。

 そこで役立つのがソフトウェアアーキテクチャのWebAssemblyです。ブラウザで重くなる処理をバイナリに変換して実行できる技術で、パフォーマンスを最適化して高速な処理を実現できます。

 新刊『入門WebAssembly』は、このWebAssemblyに興味があるエンジニアが仕様や機能、実装方法を基本から学べる入門書です。

 どのようなケースでWebAssemblyを利用したらいいのか、また利用すべきでないかも説明しており、デバッグやメンテナンスなど運用面も解説が充実しています。

 Webエンジニアにとって必須となる高速化の技術として、ぜひWebAssemblyを試してみてください。

※本書は『The Art Of WebAssembly』(Rick Battagline、No Starch Press)の翻訳です。

目次

第1章:WebAssemblyとは
第2章:WATの基礎
第3章:関数とテーブル
第4章:低レベルのビット操作
第5章:WebAssemblyの文字列
第6章:線形メモリ
第7章:Webアプリケーション
第8章:キャンバスの操作
第9章:パフォーマンスの最適化
第10章:WebAssemblyのデバッグ
第11章:AssemblyScript

入門WebAssembly

Amazon SEshop その他


入門WebAssembly

著者:Rick Battagline
翻訳・監修:株式会社クイープ
発売日:2021年12月15日(水)
定価:3,850円(本体3,500円+税10%)

本書について

WebAssemblyの基礎から、どのように動作するか、使用すべきケースと見合わせたほうがいいケース、開発手法と展開方法を理解し実践できるような内容と構成で執筆されています。

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5