CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

プログラミング言語Scala、Apache Log4j 2の脆弱性による影響や対処方法について発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/23 09:00

 オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を併せ持つプログラミング言語Scalaの開発チームは、ロギングユーティリティApache Log4j 2にて明らかになった脆弱性(CVE-2021-44228、CVE-2021-45046)の、Scalaのコアツールやライブラリへの影響を、12月16日(現地時間)に発表した。

 Scalaでは、ビルドツールのsbtがApache Log4j 2に関連する脆弱性の影響を受ける可能性があるという。sbt 1.4.0以降、Log4jはデフォルトで有効化されていないものの、最新バージョン(1.5.7)へのアップグレードが推奨される。

 また、CI/CD、自動公開、テスト中にTCP/IPエントリポイントを公開するプロジェクトの一部としてsbtを使用している場合、エクスプロイトに対してもっとも脆弱である可能性があるという。

 あわせて、アプリケーションがsbtを使用して構築されている場合に、アプリケーションのクラスパスを決定する方法と、Log4jの依存関係を強制的にアップグレードする方法や、millコマンドでプロジェクトの完全なクラスパスを表示する方法、mvnコマンドでMavenプロジェクトの完全なクラスパスを表示する方法についても紹介されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5