SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

データで未来を切り開く ARISE analyticsのデータサイエンティスト・エンジニアのキャリア(PR)

課題の本質を見抜きお客さまと二人三脚で解決に導きたい──「データコンサルタント」今井ちひろさん

第4回 「データコンサルタント」のキャリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お客さまの課題を明確化し、それを解決するための戦略立案や業務プロセス改善などを支援するコンサルタント。一般的にコンサルタントと聞くと、経営・戦略コンサルタントを思い浮かべるかもしれないが、彼らが実際に活躍する領域は所属する企業によってさまざまだ。今回は新卒でARISE analyticsにデータサイエンティストを目指して入社し、「データコンサルタント」として活躍する今井ちひろ氏が登場。データコンサルタントとして活躍する魅力、キャリア形成のポイントなどについて話を聞いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の取り組みで社会をよくしたい

 今井氏は関西学院大学大学院を修了し、2020年4月にARISE analyticsに入社した。大学・大学院と経済学を専攻し、修士課程では高齢化社会における交通事故の発生要因について研究していたという。

 自分の研究が誰かの役に立ち、社会をよくすることにつなげたい──。こういう思いから、研究に従事していた今井氏。だがアカデミアでの研究よりもさらに社会に直結する活動をしようと考え、就職を考えたという。そんな中で目にとまったのが、ARISE analyticsだった。

 「ARISE analyticsの魅力は、親会社であるKDDIが保有する国内最大規模のビッグデータとアクセンチュアの持つコンサル力や技術力をバックグラウンドに、武器であるアナリティクスを駆使して、お客さまとしっかり伴走しながら課題を解決するところまで寄り添うところだと思いました。さらに“データアナリティクスによってビジネスと社会を変える”というビジョンを掲げていたことから、私がやりたいことと一致すると思い、入社を決めました」

 入社後、一貫してKDDIが展開する決済サービス「au PAY」のマーケティング支援に関わってきた今井氏。「KPIツリーの構築やダッシュボードの作成、アプリのプッシュ配信の高度化、さらに最近ではau PAYの継続率向上をテーマに、ユーザー属性ごとにパーソナライズ化した施策の設計などに携わっています」と現在の業務について語る。

株式会社ARISE analytics Customer Analytics Division Economics Marketing Unit 今井ちひろ氏

株式会社ARISE analytics

Customer Analytics Division Economics Marketing Unit 今井ちひろ氏

 ARISE analyticsに新入社員として入社すると、まず、アナリストとしてキャリアをスタートし、その後、「データコンサルタント」「AIエンジニア」「データアーキテクト」「ソリューションエンジニア」と4つのキャリアトラックに分かれて、それぞれキャリアを積み重ねていく。今井氏も配属されてからしばらくは、アナリストとして分析とコーディングに専念。その後、データコンサルタントとしてのキャリアを志望していた今井氏は、入社2年目から、お客さまの課題ヒアリングやそれらを解決するための分析、アクション提案などの業務を担当することが増えてきたという。

 ARISE analyticsのデータコンサルタントは、データ分析を通じて得られた示唆を基に、お客さまのデータドリブンなビジネス戦略立案やそれに伴う業務改善・実装などを支援し、課題解決につなげていく。そのためにお客さまが提供するサービスや現状の課題を深く理解し、解決する方法を考え抜く力が求められる。「お客さまに相談された課題に対して、データ分析の結果を示すことも仕事の一つですが、私たちはそれだけに留まらず、お客さまの業務やサービスに実装し解決するまで長期的に寄り添っていくことが役割として求められるんです」

 その理由は、データ分析の結果を提示しただけでは、本当の課題解決にはつながらないからだ。分析結果を基に、どのようにお客さまの業務オペレーションに実装すれば課題を解決でき、PDCAサイクルを回してさらなる改善に導くことができるのかを探っていく。ARISE analyticsでは、お客さまに伴走し、実際に課題解決するまで寄り添う姿勢を重要視しているというのだ。

 例えば「au PAYの継続率を向上させたい」という相談があったときには、継続率の向上と一口に言っても、使い始めたばかりのユーザーなのか、一定期間使っているユーザーなのかによって、アプローチは異なる。「それぞれのユーザー動向を踏まえた詳細な分析から示唆を出し提案を行ったところ、まずは新規の継続率を向上させるべきという判断に至りました。このようにお客さまの課題に対して、データを基に仮説を立て提案していくのも、データコンサルタントにとって大事な役割です。お客さま自身の業務にどう実装すれば結果につながるのか、そこまで一緒に考え実際に伴走していきます」

お客さまの課題を理解するために心がけていること

 このようにデータコンサルタントは、4つのキャリアトラックの中で最もお客さまと接する職種。今井氏の場合、「現在のプロジェクトでは週に5回はお客さまとの定例ミーティングがある」と明かす。分析結果を伝えるミーティングに加え、お客さまが次どんな施策に取り組んでいくのかというミーティングにも参加しているからだ。「お客さまに信頼してもらうには、会話を積み重ねることが最良の方法。そうすることで、お客さまが抱えている課題を深く理解することができますし、その課題に対する提案やソリューションの精度も上がると思っています」

 お客さまと会話をする上で今井氏が心がけているのが、「お客さまがさりげなくつぶやいたことを聞き逃さないこと」。そうしたつぶやきに本質があることも多いからだ。「お客さま以上に提供するサービスやユーザーを理解して、データから隠れた課題を見つけ出す! という意気込みでいつも挑んでいます」

次のページ
上司と壁打ちすることが成長につながる

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データで未来を切り開く ARISE analyticsのデータサイエンティスト・エンジニアのキャリア連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

 大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

井山 敬博(イヤマ タカヒロ)

 STUDIO RONDINOのカメラマン。 東京綜合写真専門学校を卒業後、photographer 西尾豊司氏に師事。2008年に独立し、フリーを経て2012年からSTUDIO RONDINOに参加。 STUDIO RONDINO Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16770 2022/12/12 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング