SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(AD)

デザインパターンを活用したマルチクラウドジャーニーを解説、『マルチクラウドネットワークの教科書』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CodeZineを運営する翔泳社より、12月11日(月)に書籍『マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン』が発売となりました。

 本書はオンプレミス環境からマルチクラウド環境へと移行するマルチクラウドジャーニーの手順を解説した書籍です。

 マルチクラウドで現代的なネットワークを構築・設計するのであれば、過去の障害を参考に練り上げられたデザインパターンの活用が不可欠です。本書ではデザインパターンをもとに、必須となる冗長性と耐障害性を実現しながら可用性、拡張性、運用性、移行性といった非機能要件の実装も可能にする方法を丁寧に説明します。

 ベンダーロックインに限界を感じているクラウドエンジニアや、クラウド関連の技術も身に着けたいネットワークエンジニアであれば、本書1冊で長く役立つ新しい技術や知識を得られるに違いありません。

目次

Chapter1 一般論としてのマルチクラウド
1-1 マルチクラウドに至る歴史
1-2 クラウド選定理由
1-3 マルチクラウドジャーニー

Chapter2 「ネットワーク」から見たマルチクラウド
2-1 ネットワークから見たマルチクラウド構成の意義
2-2 ネットワークから見たマルチクラウドジャーニー

Chapter3 クラウドネットワークサービスの解説
3-1 VPC(仮想プライベートクラウド)とは
3-2 パブリッククラウドと「インターネット」
3-3 クラウドの閉域接続
3-4 各クラウドの専用回線接続
3-5 各クラウドのVPN接続の解説
3-6 Chapter3のまとめ

Chapter4 マルチクラウドネットワークのデザインパターン
4-1 マルチクラウドネットワークの通信要件
4-2 オンプレミスとVPC間の通信
4-3 オンプレミスとVPC外リソース間の通信
4-4 VPCと同一クラウドのVPC間の通信
4-5 VPCと同一クラウドのVPC外リソース間の通信
4-6 VPCと異なるクラウドのVPC間の通信
4-7 VPCと異なるクラウドのVPC外リソース間の通信
4-8 VPC外リソースと異なるクラウドのVPC外リソース間の通信
4-9 VPCとインターネット間の通信
4-10 Chapter4のまとめ

Chapter5 マルチクラウドネットワークの設計
5-1 マルチクラウドネットワークの詳細設計
5-2 マルチクラウドネットワークの非機能要件
5-3 Chapter5のまとめ

マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン

Amazon  SEshop  その他

 
マルチクラウドネットワークの教科書
耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン

著者:宮川亮
発売日:2023年12月11日(月)
定価:3,740円(本体3,400円+税10%)

本書について

本書はマルチクラウドにおける、現代的なネットワーク構築・設計を解説する書籍です。ネットワークの観点からマルチクラウドの優位性や課題を紹介します。また、構成例や接続方法はもちろん、デザインパターンや運用方法まで解説します。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18623 2023/12/11 07:00

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング