SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ますます便利になるTypeScript! バージョン3からの変更点と総まとめ

TypeScriptの変更点まとめ ──新しい演算子・トップレベルawait・usingについて

ますます便利になるTypeScript! バージョン3からの変更点と総まとめ 第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JavaScriptの代替言語、つまり、altJSの筆頭言語としての地位を確立したTypeScriptは、ReactやVueをはじめとして、さまざまなフロントエンドフレームワークの開発言語として、積極的に利用されてきています。そのTypeScript本体も、順当にアップデートを重ね、現段階(原稿執筆時点)ではバージョン5.2が最新です。この連載では、バージョン3以降、5.2までに施されたアップデートに関して、バージョン横断でテーマ別に紹介していきます。その初回である今回は、連載の内容を概観するとともに、細かいテーマを複数紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本連載の趣旨

 本連載は、TypeScriptのアップデートを紹介する連載です。

 TypeScriptは、その登場以来、順当にバージョンアップを重ね、現在(原稿執筆時点)5.2が最新となっています。各バージョンアップでは、性能改善に関するアップデートが主なものもあれば、大きな機能追加が施されたものもあります。

 本連載では、これらのアップデートの内容のうち、バージョン3から5.2までに施されたものを整理し、テーマごとに紹介していきます。具体的には、以下のテーマを予定しています。

  • タプルに関するアップデート
  • 型システムに関するアップデート
  • 型の絞り込みに関するアップデート
  • クラス構文に関するアップデート
  • デコレータに関するアップデート

 第1回目である今回は、上記テーマに含まれていないもので重要なアップデートを取り上げます。これらは、ひとつのテーマで連載1回分の内容にはならないものを、詰め合わせセットのようにして紹介していきます。

新しい演算子

 本連載の最初に紹介するアップデートテーマは、新しい演算子です。

nullエラーを回避するオプショナルチェーン

 最初に紹介する演算子は、オプショナルチェーンと呼ばれるもので、?.演算子です。この演算子は、JavaScriptにはES2020で導入された演算子ですが、このプロポーザルがステージ3になったのを見極めて、TypeScriptでは2019年11月にリリースされた3.7で先行導入されています。

 この?.演算子は、nullやundefinedに対応するための演算子です。例えば、リスト1のMemberインターフェースで表される型のオブジェクトである変数memberを考えます。

リスト1:Memberインターフェース
interface Member {
  name: string;
  phones?: {
    phone1: string;
    phone2: string;
  }
}

 このmember変数のnameプロパティにアクセスする以下のコードは、memberがnullやundefinedの場合、エラーとなります。

let name = member.name;

 そのため、通常は、リスト2のようなチェックコードを記載します。

リスト2:nullやundefinedを考慮したプロパティへのアクセス
let name: string | undefined = undefined;
if(member != null &&  member != undefined) {
  name = member.name;
}

 これが、?.演算子を利用すると、リスト3のように簡単に記述できます。

リスト3:?.演算子を利用した安全なプロパティアクセス
let name = member?.name;

 この?.はいくらでも繋げることができます。例えば、memberのphones.phone1プロパティにアクセスする場合、そもそも、phonesプロパティがnull/undefinedの可能性があります。その場合も、リスト4のように記述することで、安全にアクセスできます。

リスト4:プロパティの入れ子にも安全にアクセス
let phone1 = member?.phones?.phone1;

nullの時の値を指定できるnull合体演算子

 次に紹介する演算子は、null合体演算子と呼ばれるもので、??演算子です。この演算子は、?.同様に、ES2020に先駆けてTypeScript3.7で導入されたものです。この演算子は、変数がnull/undefinedの場合の値を指定するための演算子です。例えば、リスト5のようなコードです。

リスト5:??演算子を利用したデフォルト値の指定
const note = member.note ?? "なし";

 このコードは、オブジェクトであるmember変数のnoteプロパティへのアクセスコードです。もしこのnoteプロパティがオプション扱いである場合、member.noteは、undefinedの可能性があります。リスト5は、その場合のデフォルト値を「なし」と指定したコードとなります。

新たに追加された3個の複合代入演算子

 ES2021で、+=をはじめとする複合代入演算子に、新たに&&=、||=、??=の3個の演算子が追加されました。TypeScriptでは、これらの演算子は、2020年リリースのバージョン4.0で先行導入されています。

 これらのうち、&&=と||=は、&&や||の記述からわかる通り、論理演算結果を再代入するものです。例えば、リスト6のようなコードです。なお、rand1とrand2は、0から10までの数値を表すとします。

リスト6:AND演算に対する複合代入演算子
let boo = rand1 >= 3;  // (1)
boo &&= rand2 >= 5;  // (2)

 ここで、もしrand1が10ならば、(1)でbooはtrueを表すことになります。そして、もしrand2が3ならば、(2)の右辺はfalseを表すことになります。では、booはどのような値になるかというと、falseになります。それは、(2)全体が以下のコードと同じであることを考えると理解できます。=の右辺の内容は「true && false」となり、その値がbooに再代入されます。

boo1 = boo1 && rand2 >= 5;

 このように、論理演算結果を再代入する演算子が&&=であり、||=も同様に考えることができます。例えば、リスト6の(2)の演算子を||=に置き換えた以下の場合、先の例と同様に、rand1が10、rand2が3ならば、booはtrueとなります。

boo ||= rand2 >= 5;

 これらの論理演算結果の再代入とは考え方は違いますが、同時期に導入されたのが残りの??=であり、これは、前項で紹介したnull合体演算子の再代入です。例えば名前を表す変数nameがあるとして、以下のコードを記載したとします。これは、nameがnull/undefinedの場合、nameに「名無し」を代入するコードです。

name = name ?? "名無し";

 これを簡単に記述できるようにしたのが、??=です(リスト7)。

リスト7:??=による再代入
name ??= "名無し";

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
トップレベルawait

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ますます便利になるTypeScript! バージョン3からの変更点と総まとめ連載記事一覧
この記事の著者

WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

WINGSプロジェクトについて>有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook<個人紹介>WINGSプロジェクト所属のテクニカルライター。Web系製作会社のシステム部門、SI会社を経てフリーランスとして独立。屋号はSarva(サルヴァ)。HAL大阪の非常勤講師を兼務。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18805 2023/12/22 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング