Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、VistaやOfficeなどの技術情報を一部無償公開へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/22 11:05

Microsoftは、WindowsやOfficeなど同社製品の技術情報の一部を無償公開すると発表した。

 Microsoftは22日、WindowsやOfficeなど同社製品の技術情報の一部を無償公開すると発表した。Microsoftは発表の中で「これは我々が自社製品とテクノロジーを共有する重要なステップであり、大きな転換だ」と述べている。

 ただしオープンソース化するというわけではなく、公開される情報も一部にとどまる。開発者がこの情報をもとに、互換性の高いサードパーティ製品を開発しやすくするのが目的で、APIやMicrosoft製品内で使われている通信プロトコル、関連ドキュメントなどが公表される見通し。従って、第三者がMicrosoft社製品そのものを改変することはできない。

 公開される製品は「Windows Vista」「.NET Framework」「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」「Office 2007」「Exchange Server 2007」「Office SharePoint Server 2007」と、これらの将来製品。情報はWebサイトなどを通じて入手できるようになる。

 MicrosoftはEU欧州委員会などから「技術情報の独占と、それを利用した販売手法」について指摘されていた。今回の技術情報公開で、こういった批判を和らげたい狙いがあると見られている。

 
【関連リンク】
Microsoft Makes Strategic Changes in Technology and Business Practices to Expand Interoperability: New interoperability principles and actions will increase openness of key products.

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5