Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースソフトの実証評価環境「OSSオープン・ラボ」公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/07/01 11:47

IPAオープンソフトウェア・センターは6月30日、オープンソースソフトウェアの実証評価環境「OSSオープン・ラボ」の運用を開始した。インターネットを介して、OSSの開発・評価・体験等のための実証評価環境を提供する。

 IPAオープンソフトウェア・センターは6月30日、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)の実証評価環境「OSSオープン・ラボ」の運用を開始した。インターネットを介して、OSSの開発・評価・体験等のための実証評価環境を利用することができる。

OSSオープン・ラボ
OSSオープン・ラボ

 OSSオープン・ラボ上では、用意されている複数のOSやツールライブラリなどから必要なものを選んで組合せ、実験用環境を構築できる。自身が開発したソフトウェアなどをアップロードし、試験、評価、デバッグなどを行えるほか、OSSの体験目的で利用することも可能となっている。

 OSSオープン・ラボのすべてのソフトウェアはサーバ上の仮想OSで実行される。利用者のPCへは仮想OSの画面イメージのみが転送されるため、インストールなどの煩わしい操作をする必要がない。

 現在利用できるOSは、CentOS、Debian、MIRACLE LINUX、Red Hat Enterprise、Solaris、SUSE Linux Enterprise、Turbolinux、Ubuntuなど。ツールライブラリは次のとおり。

OSSオープン・ラボで利用可能なツールライブラリ(プレスリリースより転載)
OSSオープン・ラボで利用可能なツールライブラリ(プレスリリースより転載)

 なお、OSSオープン・ラボを利用する場合は、事前利用申請と、利用期間や利用OSなどの予約を行う必要がある。利用日数は最小10日間、最大100日間、利用台数は最大3台までとなっている。

 
【関連リンク】
OSSオープン・ラボ
オープンソースソフトウェアの実証評価環境「OSSオープン・ラボ」を公開:IPA(プレスリリース)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5