Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Ruby開発者のためのiKnow! API入門

RubyGemを利用したiKnow! APIアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/27 14:30

 iKnow! APIは、英語学習SNS「iKnow!」のコンテンツや学習エンジンを利用するためのWeb API(REST形式)です。このAPIを使うと、iKnow!のコンテンツを利用した独自のWebアプリケーションやブログパーツを作成できます。本稿ではRubyを対象に、iKnow! API用のRubyGemを利用した、簡単なiKnow! APIアプリケーションを作成方法を紹介します。

目次

iKnow! APIについて

 iKnow! APIは2008年10月15日に公開された、英語学習SNS「iKnow!」のコンテンツや学習エンジンを利用するためのWeb API(REST形式)です。このAPIを使うと、iKnow!のコンテンツを利用した独自のWebアプリケーションやブログパーツを作成できます。

 また、iKnow! APIのリリースと同時に、APIを利用したアプリケーションのコンテスト「iKnow! API KICK OFF!」も開催しており、審査委員長は、BusinessWeekで2008年「ウェブで最も影響力のある25人」に選出された伊藤穣一氏が務めます。

図1 iKnow! API KICK OFF!のWebページ
図1

 コンテストの応募は2008年10月15日から12月15日までの2か月にわたって行われ、優勝賞金は20万円。優勝アプリはiKnow!ユーザー全体に告知されるので、優勝したとたんにアクセス数が急伸するかもしれません!

 iKnow! APIは、OAuthやOpenSearch、microformatなど、なるべくWeb標準に準じる形式で実装されているので(今後予定している部分も含む)、Googleやその他のAPIとの連携も、比較的簡単に行えるのではないかと思います。

 ぜひこの機会にiKnow! APIを利用してみてください。

 例えば、Rubyで開発する場合は、GitHubにある「iKnow! RubyGemサンプル」を参考にするとよいでしょう。

図2 GitHubのレポジトリ
図2

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • nov(真武 信和)(nov)

     大学院の頃からRuby on Railsエンジニアとして働き、Rails歴は3年弱程。iKnow!ユーザーとしてiKnow!に魅せられ、2008年10月よりセレゴ・ジャパン株式会社へ転職。現在はiKnow! APIの開発に従事する。  Web: http://matake.jp  Blog:...

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5