Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google版wiki 「Google Sites」が日本語サポートを開始、作成サイト数は既に100万越え

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/24 13:52

 Googleは22日、情報共有サイト作成サービス「Google Sites」が日本語を含む37カ国以上の言語に対応したことを発表した。

 Googleは22日、情報共有サイト作成サービス「Google Sites」が日本語を含む37カ国以上の言語に対応したことを発表した。今回の多言語対応にあわせて、ツールバーのメニューが増えたほか、リスト編集時のオプションが追加されるなど、新機能も搭載されている。

「サイトの設定」などのメニューが画面上部のツールバーに追加されている
「サイトの設定」などのメニューが画面上部のツールバーに追加されている

 Google Sitesは、WikiのようにブラウザからWebサイトを構築できるサービス。WYSIWYGを搭載しているため、HTMLが分からないユーザーでも簡単に編集作業を行える。全体に向けて公開するだけでなく、公開範囲を指定することも可能で、チーム内だけでの情報共有などに利用することもできる。

 また、GoogleカレンダーやGoogleドキュメント、画像共有サービスPicasaといった、Googleの他サービスをボタン1つでサイト内に統合することも可能となっている。そのほかにも、ドメインを所有し、CNAMEレコードのアクセス権を持っていれば、デフォルトで「http://sites.google.com/site/サイト名」となるURLをカスタムドメインで表示することもできる(例:http://www.example.comなど)。

 公式ブログによると、今年5月に一般公開されてから既に100万を超えるサイトがGoogle Sitesによって作成されており、日本のタンダコンピュータやイタリアのimprovシアターグループなど、自社のWebサイトとしてGoogle Sitesを利用しているところもあるという。

 
【関連リンク】
Google Sites now in 38 languages:Official Google Blog
Sites goes international:Google Sites blog
【関連記事】
Google版Wiki「Google Sites」公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5