SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

Office 2007のリボンを持った
WPFアプリケーション/Webページを作る

NetAdvantage for WPFのxamRibbonコントロールを使ったWPFアプリケーションの作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetAdvantage for WPFのxamRibbonコントロールを利用すると、このリボンを自作のアプリケーションやWebページに組み込むことができます。今回は、このコントロールで、リボンを持ったアプリケーションとWebページを作成してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 アプリケーションやWebページで、Office 2007で使われている最新GUIの「リボン」が使えるようになると、アプリケーションの外観もぐっとスタイリッシュになりますね。

 NetAdvantage for WPFのxamRibbonコントロールを利用すると、このリボンを自作のアプリケーションやWebページに組み込むことができます。今回は、このコントロールで、リボンを持ったアプリケーションとWebページを作成してみました。アプリケーションの機能は、ボタンを押すと表示してある文字のスタイルが変わるシンプルなものです。

Windowsアプリケーションにリボンを組み込む
Windowsアプリケーションにリボンを組み込む
Webページにもリボンを組み込むことができる
Webページにもリボンを組み込むことができる

 本記事は、WPF(Windows Presentation Foundation)およびXAMLに対する基礎的な知識についての解説は省略しています。これらに対する知識をお持ちでない方は、事前に情報を把握しておくことをお勧めします。

対象読者

 Visual Basic 2008、Visual C# 2008を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2008 または Visual C# 2008でプログラムが作れる環境。WPFアプリケーション、WPF Webアプリケーションが作れる環境が必須なので、Express Editionは利用できません。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2008を使用して作成し、Windows Vistaにて動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

1. Windowsアプリケーションの場合

 アプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルを実行可能ファイルと同じフォルダにインストールする必要があります。

アプリケーションの実行に必要なDLLファイル
ファイル名 説明
Infragistics3.Wpf.v8.1.dll Infragistics アセンブリによって使用される機能を含む Infragistics Windows Presentation Foundation Assembly。
Infragistics3.Wpf.Ribbon.v8.1.dll
Infragistics3.Wpf.Ribbon.v8.1.resources.dll
xamRibbon コントロールを含む NetAdvantage for Windows Presentation Foundation Assembly。
Infragistics3.Wpf.Editors.v8.1.dll
Infragistics3.Wpf.Editors.v8.1.resources.dll
xamEditor コントロールを含む NetAdvantage for Windows Presentation Foundation Assembly。

 これらのファイルを、プログラムを実行する「Bin」フォルダに格納します。

2. Webアプリケーションの場合

 ダウンロードした「wpfribbonBrowser_bin.zip」を解凍します。解凍したファイルは、フォルダ構成を変えないでください。そのまま、フォルダ内の「WpfribbonBrowser.xbap」ファイルをマウスでダブルクリックします。Webブラウザが起動し、Webアプリケーションが表示されます。

 なお、 いずれの場合も.NET Framework 3.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 3.0がインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 初めてVisual StudioでNetAdvantage for WPFを使用する方は、お使いのコンピュータにNetAdvantage for WPFをインストールする必要があります。

 インストーラは、インフラジスティックス社のWebページからダウンロードできますので、ここから入手してインストールしてください。製品ページの[NetAdvantage for WPF 2008.1 Full]をクリックします(お試し版のインストールには、アカウント登録が必要です)。

 ファイルはZIP形式で圧縮されています。有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、お試し版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

次のページ
NetAdvantage for WPFについて

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀬戸 遥(セト ハルカ)

8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3254 2008/11/12 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング