CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET MVCで簡単なアプリケーションを構築しよう

ASP.NET MVCフレームワーク 正式版 入門(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/07 14:00
目次

サンプルアプリケーション作成

 さて、前回基本的な知識を学び、今回はViewからControllerへのデータ渡しについても学習したので、実際にサンプルアプリケーションを作成してみます。今回は、基本的なASP.NET MVCのアプリケーション作成方法を学ぶためのチュートリアルなので、テスト部分は次回解説します。

 サンプルの流れは以下のとおりです。

  • Hello, MVC Framework!の作成(Controller/Viewの追加とポストデータの渡し方の確認)
  • スキャフォールディングを利用したデータアクセスアプリケーションの作成

 今回はサンプルデータベースとしてPubsを利用します。サンプルを実行する際には、記事内のテーブルを準備してください。

Hello, MVC Framework!の作成

 最初にASP.NET MVCにおけるHello,Worldアプリケーションを作成します。

プロジェクトの作成

 VS2008でASP.NET MVCアプリケーションを作成します。[ファイル]-[プロジェクトの作成]-[Visual C#(Basic)]-[Web]-[ASP.NET MVC Web Application]を選択し、プロジェクト名を付け(サンプルでは「SampleMvcApplicationCS(VB)」)、[OK]をクリックします(図3)。

図3 新しいプロジェクトダイアログ
図3 新しいプロジェクトダイアログ

 続いて「Create Unit Test Project」ダイアログが表示されます(図4)。このダイアログは、単体テストプロジェクトを追加するかどうかを聞いているので、必要な場合はYesを選択します。単体テストについては次回解説します。

図4 Create Unit Test Projectダイアログ
図4 Create Unit Test Projectダイアログ

 プロジェクト作成時のソリューション エクスプローラは次のようになります(図5)。

図5 ASP.NET MVCの初期ソリューション エクスプローラ
図5 ASP.NET MVCの初期ソリューション エクスプローラ

 Model・View・Controllerフォルダが作成され、最低限の設定を行ったファイルが配置されています。ここで、簡単にですが、ASP.NET MVCプロジェクト作成時のプロジェクト構成の注目ポイントについて解説します。

ASP.NET MVCプロジェクトの構成
フォルダ/ファイル名 概要
Content CSSや画像など、サイトの内容を装飾する項目を格納するフォルダ
Controllers Controllerクラスを格納するフォルダ
Models Modelを格納するフォルダ
Scripts Scriptファイルを格納するフォルダ
Views Viewを格納するフォルダ
Account 認証系のページを格納するフォルダ
Home 実行時のViewサンプルフォルダ
Shared 全体に影響するViewページを格納するフォルダ(マスタページなど)
Global.asax ASP.NET MVCでは主に、ルーティングルールを設定するファイル

 Scriptsフォルダは、Microsoft AJAX Library、そして、jQuery 1.3.2、MicrosoftMvcAjaxの3種類が格納されいます。プロジェクトテンプレートとして、jQueryが統合されたのはASP.NET MVCが初となります(既存のASP.NETプロジェクトでもjQueryは開発者が追加する必要があった)。ASP.NET MVCでは、サーバーコントロールを使用せず、HTML/CSS/JavaScriptをフル活用したサイト構築が多くなるのでうれしいポイントでもあります。

URLルーティングルールの確認・変更

 最初にURLルーティングルールの確認と変更を行います。既定の設定はURLルーティングの項目で解説した通りです。今回のサンプルではPubsControllerクラスを利用するので、controllerにPubsを設定します。また、既定のルートとして、Pubsだけが入力された際には、Helloメソッドを呼び出したいので、actionはHelloと入力します。

Global.asax の一部
// MapRouteメソッドは新しいルーティングルールを
// ルートコレクションに追加する
// ここでは既定のルートとして
// "http://xxx/Pubs/Hello"へとルーティングされる
routes.MapRoute(
    // Route name(ルート名)
    "Default",
    // URL with parameters(URLとパラメータ名)
    "{controller}/{action}/{id}",
    // Parameter defaults(既定のパラメータ値)
    new { controller = "Pubs", action = "Hello", id = "" }
);

 これで、ルーティングの設定は完了です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ASP.NET MVCフレームワーク 正式版 入門

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5