CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET MVCで簡単なアプリケーションを構築しよう

ASP.NET MVCフレームワーク 正式版 入門(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/07 14:00
目次

スキャフォールディングを利用したデータアクセスアプリケーション

 続いてスキャフォールディングを利用したデータアクセスアプリケーションを作成に入ります。最初に以下の項目を<h2>タグの下に追記します。

Publisher.aspx の一部
<p>
    <%= Html.ActionLink("Titlesテーブルの一覧ページ", "Index", "Pubs")%>
</p>

 以上で、Titlesテーブルの一覧ページへのリンクの用意ができました。図7では、Publisherと記載されていますが、以降ではTitlesテーブルに関するサンプルの記載が続きます。

図7 実行直後の画面
図7 実行直後の画面

 次に、Modelの作成を行います。

Modelの作成

 ASP.NET MVCにおけるModelは、DBの定義(LINQ to SQLやEDM)・型の宣言(ORM以外の型)・リポジトリクラス(Repositoryパターンを利用したクラス)の作成がほとんどとなっています。

リポジトリクラスとは?

 リポジトリクラスはDBに対するデータの抽出、作成、挿入、削除などを一括管理するクラスで、データ周りの処理を一括管理する他、単体テストを容易に行いやすくするアプローチの一つです。リポジトリクラスの作成についてはASP.NET MVCの応用編で触れる予定です。

 前回ASP.NET MVCはASP.NET 3.5の上にあるフレームワークと解説しました。つまり、LINQが使えます。今回はModelにADO.NET Entity FrameworkのEDM(Entity Data Model)を配置します。ADO.NET Entity Frameworkに関する詳細は『.NETの新データアクセス・テクノロジ「ADO.NET Entity Framework」』(@IT)を参考にしてください。

 EDMの作成手順は以下の通りです。

  1. ソリューション エクスプローラを展開し、Modelフォルダ上で[新しい項目の追加]を選択して、ソリューション エクスプローラ上で右クリックし、[新しい項目の追加]を選択。
  2. 選択後[新しい項目の追加]ダイアログが表示されるので、テンプレートとして「ADO.NET Entity Data Model」を選択し、名前を「Pubs.edmx」と設定後[追加]ボタンをクリック(図8)。
    図8 新しい項目の追加ダイアログ
    図8 新しい項目の追加ダイアログ
  3. Entity Data Modelウィザードが起動する。「モデルに含めるコンテンツ」では、[データベースから生成]を選択して[次へ]ボタンをクリック。
  4. 「データ接続の選択」では、Pubsデータベースの接続設定を行い[次へ]ボタンをクリック(図9)。
    図9 データ接続の選択画面
    図9 データ接続の選択画面
  5. 「データベース・オブジェクトの選択」では、[テーブル]-[titles/publishers]にチェックし(titles/publishersテーブル選択)、[完了]ボタンをクリック(図10)。
    図10 データベース・オブジェクトの選択画面
    図10 データベース・オブジェクトの選択画面

 以上で、EDMが生成されます。ViewやController側で、Modelを利用する際にModelを参照するために、EDM生成後必ずプロジェクトのビルドを行ってください。Modelの準備は以上です。

スキャフォールディングを利用したViewPageの追加と変更

 続いてIndex ViewPageを追加します。Add View機能を利用して以下の項目を設定し、一覧表示、詳細、編集、新規追加のViewPageを4つ追加します。

Add Viewの設定
項目名 設定内容
View name Index/Details/Create/Edit
Create a strongly-typed view チェック
View data class SampleMvcApplicationCS.Models.titles
View content List/Details/Create/Edit
その他の項目 既定のまま

 表示部分は前述の通り、自動で生成されます。ほとんどテコ入れする必要がありませんが、一点Editページだけ変更を行います。

Edit.aspx の一部(変更前)
<p>
    <label for="title_id">title_id:</label>
    <%= Html.TextBox("title_id", Model.title_id) %>

    <%= Html.ValidationMessage("title_id", "*") %>
</p>
Edit.aspx の一部(変更後)
<p>

    <label for="title_id">title_id:</label>
    <%= Html.Encode(Model.title_id) %>
</p>

 変更を行った部分はテーブルの主キー部分です。主キーは一意であるため、変更対象にするべきではありません。テキストボックスから表示するだけの文字列へと変更しています。

 以上でViewの設定は完了です。実質、開発者はController側の記述だけに注力することになります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ASP.NET MVCフレームワーク 正式版 入門

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5