Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

統合開発環境Eclipse 3.5リリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/26 18:40

 Java言語で記述されたオープンソースの統合開発環境「Eclipse(イクリプス)」を開発するEclipse Foundationは6月24日、Eclipseの新しいバージョン「Galileo(ガリレオ)」(Eclipse 3.5)をリリースした。新たにMacの「Cocoa」フレームワークがサポートされ、PDT(PHP Developer Tools )がPHP 5.3に対応して2.1になっている。

 Java言語で記述されたオープンソースの統合開発環境「Eclipse(イクリプス)」を開発するEclipse Foundationは6月24日、Eclipseの新しいバージョン「Galileo(ガリレオ)」(Eclipse 3.5)をリリースした。新たにMacの「Cocoa」フレームワークがサポートされ、PDT(PHP Developer Tools)がPHP 5.3に対応して2.1になっている。

 Eclipse 3.5での改良点は、エンタープライズにおける採用拡張、モデリング技術の革新、EclipseRTランタイム技術の進歩という3つのトレンドに沿ったものとなっており、CocoaサポートやPDT 2.1のほか、Javaアプリケーションのメモリ消費を解析する「Memory Analyzer (MAT)」が追加されている。ランタイム実装では「Eclipse Equinox」がアップデートされ、OSGi Release 4, v 4.2をサポートしている。

 Galileoは、2008年6月26日にリリースされたEclipse 3.4(Ganymede;ガニメデ)以来、1年ぶりの大きなリリースとなる。なお、Eclipseプロジェクトでは、2004年6月にリリースされたバージョン3.0以来、毎年6月最終週に新しい版をリリースしている。

【関連リンク】
プレスリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/06/29 16:56 【表記ミスを修正いたしました】PHP 3.5に対応⇒PHP 5.3に対応

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5