Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

今からでも遅くない! これから始めるAndroid開発
第1回:Androidことはじめ

モバイルプラットフォーム Android 開発入門(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/13 14:00

 Googleが提供するモバイルプラットフォーム「Android」(アンドロイド)でこれから開発を始めるにあたり、必要な知識や技術をテーマ別に紹介して行きます。第1回では、Androidとは何か、開発に必要な環境、学習するための準備などについて解説します。

目次

はじめに

 Googleが提供するモバイルプラットフォーム「Android」(アンドロイド)でこれから開発を始めるにあたり、必要な知識や技術をテーマ別に紹介して行きます。

 本連載の記事は、主に筆者が勉強会やセミナー等で講演した内容に基づいて構成されています。また、各記事は基本的に独立しています。

対象読者

  • これからAndroidを学ぶ人
  • 既にAndroidを学んでいるが、さらに知識を深めたい人
  • 著者の勉強会・セミナーに参加された人

Android開発に必要な環境

 Androidアプリケーションの開発環境として下記が必要です。

 また、SDKがサポートしているOSは下記の通りです。 

  • Windows XP(32-bit)、Windows Vista(32-bit/64-bit)
  • Mac OS X 10.4.8 or later(x86のみ)
  • Linux(Linux Ubuntu Dapper Drakeでテスト済み)

Eclipse IDEの場合:

 推奨パッケージは、日本語ディストリビューションである「Pleiades All in One Java 3.4.2.20090426 です。一方、「Eclipse Classic IDE」パッケージはサポートされていません。なお、Gnu Compiler for Java(gcj)とは互換性がありません。

Eclipse IDE以外の場合:

  • JDK 5/6(JRE単体では動作しません)
  • Apache Ant 1.6.5以降(LinuxとMacの場合)、1.7以降(Windowsの場合)

 こちらもGnu Compiler for Java(gcj)とは互換性がありません。

ネイティブアプリケーション開発環境

 また、CやC++のネイティブコードを使ってアプリケーションを開発したい場合は、上記に加え下記の環境が必要です。一般に、既存のC/C++のコードを再利用したり、パフォーマンスのよいライブラリを作成したりする用途が考えられます。

 

  • Android 1.5 NDK Release 1
  • GNU Make 3.81以降(これ以前のバージョンも動作する可能性はありますが、テストされていません)
  • Windowsのみ最新バージョンのCygwinが必要です。また、gmakeおよびgccのパッケージのインストールを行っている必要があります。

動作確認環境

 基本的にAndroid SDKにはエミュレーターが内蔵されているため、パソコンがあれば開発から動作確認まで一通りの工程が行えますが、開発実機があるとなお良いでしょう。実機があると、開発の実感が沸いてモチベーションが高まります。

  • エミュレーター

    大抵の確認はPC上で行うことが可能です。

  • DevPhone 1

    Google公式の開発専用携帯電話。ただし、日本国内での電波の使用は電波法に抵触する可能性があるため注意。

  • NTT DoCoMo HT-03A

    NTTドコモの携帯電話:ネイティブ開発はできません。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/08/04 21:40 校正

  • 2009/07/30 17:31 会員数修正、最終チェック

著者プロフィール

  • 瀬戸 直喜(セト ナオキ)

    株式会社ジャストシステムサービス 受託開発担当 ソフトウェアエンジニア 日本Androidの会 幹事・四国支部長 業務系・Web系システムエンジニア。過去に、宇宙開発やベンチャー企業で製品開発の経歴を持つ。最近は主にGoogleのモバイルプラットフォーム「Android」について、勉強会やセミナ...

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5