Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 7の好調ぶりを喜ぶバルマー氏、技術革新にも自信

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/05 14:17

 米Microsoft社 CEOのスティーブ・バルマー氏が5日、都内で会見を開き、先月発売されたWindows 7について、リリースから10日間の売上が過去のどのバージョンよりも遥かによいことを語った。

 米Microsoft社 CEOのスティーブ・バルマー氏が5日、都内で会見を開き、先月発売されたWindows 7について「リリースから10日間の売上が過去のどのバージョンよりも遥かによい。関連ハードウェアの売上は対前年比で20%増。日本国内で既に230の企業が導入し、同OS搭載PCは670モデル発売されている」と、順調な滑り出しであることを語った。

Windows 7の好調ぶりを喜ぶ、米Microsoft社 CEO スティーブ・バルマー氏
Windows 7の好調ぶりを喜ぶ、米Microsoft社 CEO スティーブ・バルマー氏

 バルマー氏は、長期的な経済成長には生産性の向上や技術革新が必要であるとし、Windows 7はそのよい一例であると述べ、「検索や広告の分野では明らかにリーダーではないが、技術革新の分野では先端を進んでいる」「研究開発のために世界最高水準の95億米ドルを投資する」と、技術革新に対する自信を伺わせた。

総額95億米ドルの投資と内訳
総額95億米ドルの投資と内訳

 前日にもマイクロソフトリサーチが、日本の学術機関と3か年計画で提携し数百万米ドルを投資する「マイクロソフトリサーチ アカデミック連携プログラム」(Mt. Fuji Plan)が発表されている。

 
【関連リンク】
Windows 7
マイクロソフトリサーチが日本のアカデミック界との連携により共同研究、人材育成、学術交流を強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5