CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Samba 3.5.0」リリース
バージョン3.5系列で最初の安定版

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/02 11:56

 Samba開発チームは1日、オープンソースのWindows互換サーバ「Samba 3.5.0」をリリースした。Samba 3.5系列では最初の安定版リリースとなる。

公式サイトからダウンロードできる。

 Samba 3.5.0の新機能としては、Windowsの時刻精度を完全にサポートし、OSでサポートしていれば100ns単位の時刻精度が利用可能となった。また、netコマンドやsmbclientコマンドおよびlibsmbclientで、Winbindによってキャッシュされた資格情報を用いることができる。Winbind機能では、デーモンが大幅にリファクタリングされ、非同期で動作するようになった。

 そのほか、印刷時にCUPSサーバと暗号化接続をサポートし、セキュリティ上の理由から「wide links」パラメータのデフォルト値を「no」に変更。アンチウイルスとやりとりできるVFSモジュール「scannedonly」なども追加された。さらに、Windows Vista以降で導入されている新しいSMBプロトコル「SMB2」が試験的に実装された。

 なお、今回のリリースから書籍『Using Samba』のHTML版が削除されているが、Webサイト上での提供は続いている。

 
【関連リンク】
Samba - Release Notes Archive

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5