Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webブラウザ上のコンテンツ編集エディタ「ActiveSquare 7」「CrossEditor」販売開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/11 16:00

 株式会社クレオは11日、Webブラウザ上で簡単にHTMLを編集できるエディタ「ActiveSquare 7」と「CrossEditor」両製品の販売を開始すると発表した。

 ActiveSquare 7は、ActiveXコントロールによるブラウザ上でのHTMLエディタ。ユーザーのニーズに合わせてインターフェースの変更機能制限を行うことができ、既存のWebサービスなどに自由に組み込むことができる。ワープロ同様の文書編集環境が用意されており、高度な表・グラフの作成やHTMLタグの整理、画像/マルチメディアファイルの挿入やインタフェースの変更なども行うことが可能だ。初心者でも簡単に扱えるため、Yahoo!ジオシティーズにおいて、ホームページ作成ツールとして採用されている。

 一方、CrossEditorは、JavaScript基盤で開発されたNon-ActiveXタイプのHTMLエディタ。クロスブラウジング対応で、OS環境の制約なしにコンテンツ作成、編集などが可能となる。また、プラグイン形式により、ハイパーリンク、区切り線、図形、背景イメージ挿入といったさまざまな追加機能も提供されている。

 価格は、両製品ともStandard Editionが税込194,250円(50ライセンス)から。製品の詳細は、ActiveSquare 7のサイトおよびCrossEditorのサイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
プレスリリース
ActiveSquare 7
CrossEditor

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5