CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「JavaからFlexへの移行で困ったこと? 一度もありませんね」 ― Adobe Flexのエキスパート達が語るRIA開発の最前線

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/10 14:00

 Adobe Flexが、リッチなコンテンツをブラウザ上に表示するだけでなく、本格的な業務アプリケーションのフロントエンドを実装する技術としても大きく期待が寄せられている。そうなると、自ずと従来のWebアプリケーション技術、特にサーバサイドJavaとの相性は気になるところだ。そこで本稿では、Adobe Flexを取り巻く状況や、Javaとの組み合わせによるWebアプリケーション開発の現状などをテーマに、Adobe Flexのエキスパート3名により行われた対談の模様を紹介する。

目次

 リッチなユーザー体験を提供できるWebアプリケーションの実装技術として、ここ数年の間で急速に普及しているRIA(Rich Internet Application)。特に、Adobe Flash Playerの圧倒的な普及率をバックに、その上で動作するRIAの開発技術「Adobe Flex」(以下、Flex)が高い注目を集めつつある。

 Flexは、単にリッチなコンテンツをブラウザ上に表示するだけに留まらず、本格的な業務アプリケーションのフロントエンドを実装する技術としても大きく期待が寄せられている。そうなると、自ずと従来のWebアプリケーション技術、特にサーバサイドJavaとの相性は気になるところだ。そこで本稿では、Flexを取り巻く状況や、Javaとの組み合わせによるWebアプリケーション開発の現状などをテーマに、Flexのエキスパート3名により行われた対談の模様を紹介したいと思う。

(写真左から)アドビ システムズ 株式会社 ディベロッパーマーケティングスペシャリスト 轟 啓介氏、cuaoar 上条 晃宏氏、クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡氏
写真左からアドビ システムズ 株式会社 ディベロッパーマーケティングスペシャリスト 轟 啓介氏、cuaoar 上条 晃宏氏、クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡氏

企業システムのプラットフォームとして浸透しつつあるFlash Player

上条氏
企業の情報システム担当者や開発者は今、Flexに対してどのような期待を抱いているのでしょうか?
横田氏
新規開発で採用する技術というよりは、現在抱えているレガシーシステムをメンテナンス・拡張できなくなってしまって「どうしよう?」と悩んでいたところへ、「Webでクライアント/サーバっぽいUIが実現できる技術がある」ということを聞きつけて、Flexに興味を持つ企業が比較的多いような気がします。
上条氏
でも、ちょっと前までの業務系Webアプリケーションでは、「フロントの実装技術はHTMLでないといけない」という企業も多かったですよね。
横田氏
そうですね。あるいは、たとえFlashを使っていても、「うちはFlash Playerのバージョンは6で決まっているので、バージョンアップできません」という企業も多かったですね。しかし今では、「Flash Playerのバージョンを固定しなくてはいけない」というお客さまはほとんどいません。
上条氏
企業ユーザーがFlash Playerに対して持つ印象が変わってきましたね。
横田氏
それに、世の中のあらゆるソフトウェアのバージョンアップのスピードがどんどん速くなってきていますから、ユーザー側も変化を拒むよりは、積極的に受け入れる方がメリットを享受できるという意識に変わってきたのかもしれませんね。
上条氏
ただ、そうした中でFlashが普及した大きな理由は、Flash Playerのバージョンを上げても既存のコンテンツがほぼそのまま見られるというところですね。この点は、企業ユーザーにとっての安心感につながっているのかなと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5