Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Entity Framework コードファーストのお知らせ(CTP5リリース版)

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/12/22 14:00

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。原典:Announcing Entity Framework Code-First (CTP5 release)。

目次

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

 原典:Announcing Entity Framework Code-First (CTP5 release)

Entity Frameworkコードファーストのお知らせ(CTP5 リリース版)

 今週、データチームが、新しいEntity FrameworkコードファーストライブラリのCTP5ビルド版をリリースしました。EFコードファーストでは、データを扱う場合に、非常にやさしいコード中心の開発フローが可能になります。これにより以下のことが可能になります。

  • デザイナを開いたり、XMLマッピング・ファイルを定義したりする必要なく開発できる
  • ベースクラスなしの『プレーン・オールド・クラス』を書くだけで、モデルオブジェクトが定義できる
  • 特に明示的に設定を行わなくても、データベースの永続化が可能な『設定に勝る規約(convention over configuration)』方式を使用できる
  • オプションとして、規約ベースの永続化をオーバーライドしたり、永続化のマッピングを完全にカスタマイズするのにFluentコードAPIが使用できる

 私は、EFコードファースト方法の大ファンで、今夏これについていくつかのブログ投稿をしました。

 本日の新しいCTP5リリースでは、CTP4ビルド上にいくつか素晴らしい改善が行われており、最終リリース版前の最後のコードファーストのプレビュービルドになる予定です。最終のEFコードファーストリリースは、来年の第1四半期(2011年Q1)に出荷予定です。すべての.NETアプリケーション(ASP.NET WebフォームおよびASP.NET MVCプロジェクトを含む)で動作します。

EFコードファーストのインストール

 EFコードファーストのCTP5は、以下のどちらかの方法で、インストールおよび利用可能です。

  • 方法1)
  •  セットアッププログラムをダウンロードして実行する。インストール後、プロジェクトにあるEntityFramework.dllアセンブリが参照できます。

    または

  • 方法2)
  •  Visual StudioのNuGetパッケージ・マネージャーを使用して、プロジェクトにEF コードファーストをダウンロードしてインストールする。この場合、Visual StudioでNuGetパッケージ・マネージャー・コンソールを立ち上げて([ビュー]-[その他のウィンドウ]-[パッケージ・マネージャー・コンソール])、コンソールに『Install-Package EFCodeFirst』と入力します。

caption

 パッケージ・マネージャー・コンソールで、『Install-Package EFCodeFirst』と入力すると、NuGetがEF コードファースト・パッケージをダウンロードして、プロジェクトに追加します。

caption

 これを行うと、自動的にEntityFramework.dllアセンブリへの参照がプロジェクトに追加されます。

caption

 NuGetは、数秒でEFコードファーストのセットアップを行い、利用可能な状態にします。EFコードファーストの最終リリース版が出荷されれば、『Update-Package EFCodeFirst』と入力するだけで、既存のプロジェクトを最終リリース版が使用できるようにアップデートします。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5