CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PDC 2010で明らかになったWindows Azureの新機能(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/01/27 14:00

目次

新しい管理ポータル

 管理ポータルとは、Windows Azure Platformを管理するためのWebベースの管理コンソールです。Silverlightベースとなった新しい管理ポータルは、従来に比べて大幅に操作性が向上しました。名前もDeveloper PortalからManagement Portalへと変更されています。

 図1が新しい管理ポータルです。管理ポータルは4つの画面から構成されています。

図1:新しい管理ポータルの画面構成
図1:新しい管理ポータルの画面構成

 それぞれの画面構成の役割は、以下の通りです。

画面構成の役割
No 名前 内容
1 リボン Office風のリボンインターフェスです。コンテキストに応じてメニューが切り替わります
2 ナビゲーション ホストサービス、ストレージアカウント、データベース、リポーティング等の機能を切り替えます
3 アイテムリスト 利用可能なサブスクリプションやサービスを階層化して表示します
4 プロパティペイン 選択された項目のプロパティを表示します

 旧ポータルには、ポータル画面下部の[Take me back to the old portal]をクリックすることで戻ることができます。ただし、旧ポータルはしばらくの間は利用可能ですが、2011年初めに停止される予定です。

複数管理者

 複数管理者の機能とは、1つのWindows Azureサブスクリプションを複数のWindows Live IDに関連付けできる機能です。

 従来のサブスクリプションは、1つのWindows Live IDにのみ関連付けることが可能であり、結果的に1人の管理者にしか対応していませんでした。このため、やむを得ずWindows Live IDを共有するといった方法をとらざるを得ない状況でしたが、新しい管理ポータル下では、複数の管理者を設定し管理できます(図2)。

図2:User Management画面
図2:User Management画面

 複数管理者を設定するには、Windows Live IDと、管理させたいサブスクリプションをチェックすることで、権限を委譲できます(図3)。

図3:Add New Co-Administratorダイアログ
図3:Add New Co-Administratorダイアログ

ベータプログラム

 ベータプログラムは管理ポータルから申し込み可能です。本稿執筆時点では、Extra Smallインスタンス、Windows Azure Connect、VMロールの3種類が申し込み可能となっています。申し込み後、StatusがPendingからActiveになれば利用可能となります(図4)。

図4:ベータプログラムの申し込み画面
図4:ベータプログラムの申し込み画面

Windows Azure SDK 1.3

 Windows Azure SDK 1.3および、Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studioが公開されています。システム要件は、下表の通りですが、SDK 1.3よりVisual Studio 2008が対象外となっているため注意が必要です。

 Windows Azure SDK 1.3は、以下より入手可能です。

システム要件
OS Windows 7
Windows Vista SP2
Windows Server 2008 SP2
Windows Server 2008 R2
IDE Visual Studio 2010
Visual Web Developer 2010 Express
IIS IIS 7.0以降
SQL Server SQL Server 2005 Express以上

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:PDC 2010で明らかになったWindows Azureの新機能

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5