CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PDC 2010で明らかになったWindows Azureの新機能(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/01/27 14:00

目次

Windows Azure

 ここからは、Windows Azureに追加された新機能について紹介します。

VM Role

 VMロールとは、利用者が作成したWindows Serverの仮想マシンそのものをWindows Azure上にホストして実行できる機能です。

 従来のWebロールやWorkerロールでは難しかった既存アプリケーション移行、各種ソフトウェアのインストールなどが容易に実現できます。VMロールは仮想マシンそのものであるため、より管理の柔軟性の増したロールと言えるでしょう。ただし、その柔軟性と引き替えにパッチ適用などの保守運用は利用者が行う必要があります。

 利用可能なOSのバージョンは、Windows Server 2008 R2のみですが、2011年中には、Windows Server 2003/2008が追加される予定です。

 下図の通り、VMロールは管理の自由度は増しますが、自動アップデートといった運用の容易性のメリットが薄くなってしまいます。VMロールを採用する前に、Web/Workerロール+管理者権限の組み合わせを検討するとよいでしょう。

図5:各ロールの比較
図5:各ロールの比較

 現在のVMロールは、利用するまでに大きく3つの作業が必要です(図6)。ただし、将来はWindows Azure上で仮想マシンの作成ができるようになる予定です。

  1. オンプレミスのHyper-V上で仮想マシンを作成し、VMロール向けのコンポーネントをインストール
  2. 作成した仮想マシンをコマンドラインツールでWindows Azure上へアップロード
  3. アップロードした仮想マシンを使用するVMロールプロジェクトをデプロイして起動
図6:VMロールの利用イメージ
図6:VMロールの利用イメージ

 VMロールの利用には、ベータプログラムへの申し込みが必要で、別途コンピューティング利用時間が課金の対象となっています。ただし、これらの中にライセンス料金が含まれているため、別途VMロール用にライセンスを購入といったことは不要です。

Extra Smallインスタンス

 Extra Smallインスタンス(XSインスタンス)は、Smallインスタンスより、さらに低コストなインスタンスを提供します。検証、開発、テストに向いたインスタンスで、負荷の高い作業には向いていません。

 以下はインスタンス別の違いをまとめたものです。CPU、メモリ、ローカルストレージおよびIO性能がSmallインスタンスより制限されていることが分かりますが、料金は従来の半額程度となります。

VMサイズ別一覧
サイズ CPU メモリ ローカル
ストレージ
IO性能 課金 課金
(円)
1ヶ月
利用時
XS 1.0GHz 768MB 20GB 5Mbps $.05/h ¥4.9/h ¥3,528
S 1.6GHz 1.7GB 225GB 100Mbps $.12/h ¥11.76/h ¥8,467
M 2 x 1.6GHz 3.5GB 490GB 200Mbps $.23.52/h ¥23.52/h ¥16,934
L 4 x 1.6GHz 7GB 1000GB 400Mbps $.47.04/h ¥47.04/h ¥33,869
XL 8 x 1.6GHz 14GB 2040GB 800Mbps $.94.08/h ¥94.08/h ¥67,738

 Windows SDK 1.3をインストールすると、Extra Smallインスタンスの指定が可能となります(図6)。ただし、利用には、ベータプログラムへの申し込みが必要です。また、サブスクリプションに付属する無償利用時間には、Extra Smallインスタンスは含まれず、別途課金されるため注意が必要です。

図7:VMサイズ選択画面
図7:VMサイズ選択画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:PDC 2010で明らかになったWindows Azureの新機能

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5